FC2ブログ

AKI'sRoom マンガ部屋

AKI'sRoomのマンガネタです。
読んだマンガについて勝手に言いたいことを書いてます。
他にも、こんなページも創ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『ツルモク独身寮』そんなあなたにふぉーりんらーーーぶ!byレイコ





このところ懐かしいマンガを読み返すことが多いです。
BookOffへ行く率が最も高いので、必然的によく売られている昔の人気漫画が眼に留まります。
で、
 「このマンガの最終回ってどうだったけ?」
となり、読んでしまうと、、、。

そんな作品の一つが

 『ツルモク独身寮

です。窪之内英策さんの作品で、スピリッツで連載されてました。

当時、このマンガはけっこうはまりました。
結論だけを冷静に簡潔に言うと、
 「田舎の彼女をおいて上京した主人公が都会のお姉さんと三角関係になるラブコメ。」
とひどい感じの表現になってしまうのですが、、、。
そこをさらっとラブコメでまとめているので、そんなに悪い話じゃないです。

ここから例によって、ストーリー概要です。
(ネタバレ注意です。今回は特に結末も言っちゃいますので)

-----
高校卒業して「ツルモク家具」に入社した主人公 宮川 正太(正太くん)。
彼女のともみちゃんを残して上京し、独身寮に入ります。
寮は3人相部屋で、先輩の田畑重男、杉本京介とともに生活することになります。
ちなみに田畑さんはモテナイ先輩。趣味は女子寮ののぞき。
杉本さんはイケメン先輩。毎日とっかえひっかえ。

ある日、田畑さんの趣味を満喫しているときにいっしょにいた正太くんは、女子寮の先輩 姫野みゆきと目が合ってしまう。
そして、新入社員歓迎パーティーで再会。
よっぱらった正太が朝を迎えたとき、そこはみゆきの部屋だったりします。
(でも、酔って寝ただけで何もなかったんだけどね)
しかも、寮のみんなにばれます。
(でも、なにもなかったんだけどね)

という出来事があったりして、その後もいろいろあって、みゆきさんに惹かれていく正太。
でも、田舎のともみも大事。
1年後、正太を追いかけて、ともみちゃん上京してきますし。
で、二人の女性の間で右往左往すると。


一方で、忘れていけないサブストーリーが杉本さん。
正太といっしょに行った合コンで運命的出会いがあります。

後ろから見ると超ナイスボディーでロングヘア。
しかーし、前から見ると、、、という白鳥沢レイ子。
と言っても、百戦錬磨のスギちゃん(杉本さん)からすれば

 「ワンレン、ボディコンはブス隠しの可能性があるので注意」

と正太にアドバイスするくらいなので、完全に見抜いてました。
が、レイ子の強烈な押し(ほとんど拉致)に負け、一晩過ごしてしまいます。

で、そこからレイ子との(半強制的な)付き合いが始まります。
「そんなあなたにフォーーーーリンラーーーーブ」
と言いながら、毎回レイ子はどこからか現れ、スギちゃんをさらって行くと。
後には、ジョーのように灰になったスギちゃんが残る
これが定番になります。

ちなみに白鳥沢家は大富豪。
それよりもすごいのは、家族全員同じ顔。
(えらとほお骨がとがってます)
さらにすごいのは、使用人、従業員まで同じ顔。
白鳥沢DNAはすごいんです。

---ここからラストのネタバレ---

でも、スギちゃんもすごかった。
最後にスギちゃんとレイ子は結婚し子供が生まれます。
その子供顔は、スギちゃん似。
田畑さんに
 「勝ったな!」
と言われて、眼をあわしているシーンはけっこう好きです。
ハッピーエンドです。

そして、三角関係で悩む正太も最後はきちんとしてきます。
なんとなく働いていた自分から脱皮し、家具インテリアデザイナーとして巣立っていきます。
それと同時にともみとも別れます。
そして、みゆきさんとくっつきます。

最後では、正太はデザイナーとして海外に行っちゃいます。
が、その後、一時帰国。
そのときに、みゆきさんに
「忘れて物を取りに来た。」
と言ってプロポーズ。
-----

てな感じで基本的にはすべてハッピーエンドです。
だから、けっこう好きな漫画に入っているのもあります。
(わかりやすいハッピーエンドが好きですから)

上京して別の彼女つくって田舎の彼女を捨てるストーリーなんですけど、けっこう楽しいタッチで書かれているので、途中何度も悩む正太の苦悩も暗くなりすぎないのでよいです。

このマンガは正太の成長ストーリーでもあるわけで、夢って?ていうところも後で出てくるので、その辺は今読み直すとちょっと新鮮な気分になれますね。
(私はかなり汚れちゃってますから、、、)

また、このマンガのもう一つの特徴、「白鳥沢レイ子」。
彼女とスギちゃんのサブストーリーのインパクトはかなり強いです。
白鳥沢レイ子のキャラが際立っているので。
ここがコメディ色を強くしてくれてます。

最初は、ちょい役だったはずなんですけどね。
脇役が知らない間に成長した典型的パターンですね。

ということで、
・かなりのハッピーエンドである。
・一部キャラの強烈な個性
・ちょっと青春
てな感じで読見直してもけっこう面白かったです。
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/06/03(火) 16:10:44|
  2. 愛>青春/家族/性
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『精霊使い』未完のファンタジーもの。勿体無い。 | ホーム | 「ヤングサンデー」も最終回がくるみたい(ToT)/~~~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://led999a.blog110.fc2.com/tb.php/72-9ea5c2e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
AKI'sRoom

マンガ部屋メニュー

AKI'sRoomへのリンク

プロフィール

Akiboo

Author:Akiboo
マンガ好き。
投資(株、FXなど)と温泉(特に露天)も好き。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

amazon サーチ

amazonで検索して購入できます。

----------
AKI'sRoomは投資や温泉や漫画のHPです。
http://homepage3.nifty.com/led999a/
好きなこと書いてま~す。
●ブログ部屋・・・漫画以外の日々ネタ、HPの更新情報です。
●投資部屋・・・セミリタイアを目指しサラリーマン投資法です。
●温泉部屋・・・私が行った温泉など温泉ネタです。
----------
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。