AKI'sRoom マンガ部屋

AKI'sRoomのマンガネタです。
読んだマンガについて勝手に言いたいことを書いてます。
他にも、こんなページも創ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『この女に賭けろ』銀行ウーマンのお話です





今回は図書館で借りた古めの銀行業界漫画

 『この女(ひと)に賭けろ

です。
93年に連載されていたものなので古いです。
バブル後の話なので、金融バブルがはじけた今ちょうどよいかもしれません。

軽くストーリー紹介です。
(軽くネタばれもあります)

-----
主人公 原島浩美はよつば銀行本店の業務企画部に勤めています。
性格はマイペースでおっとり風。
出社時間ギリギリでも急ぐ訳でもなく、役員エレベーターを使って部署に移動します。
ただ、仕事はきっちりこなし、後輩社員にも慕われています。

そんなある日、彼女に昇進と異動の辞令がくだります
昇進は同期ではトップ。
異動は女性ではほとんど例がない台東支店。
この支店は支店業績では最下位。
左遷か栄転かと言われると微妙なところ。

というのも、この異動の裏には女性総合職の旗振り役の取締役人事部部長と彼女の上司の業務企画部部長の思惑も絡んでいるようでした。
女性総合職をすすめても、すぐに辞めてしまう女性社員。
その失点をぬぐうため、彼女に低迷支店を回復させ、一気にポイント回復を狙うという人事部長の勝負の一手でした。

事例を聞いた原島は左遷か栄転かどっちだと思うという問いに

 「それは支店での私次第だと思います」

と言ってのけます。
おっとりした外見ですが、肝は据わってます。
一方でそのとき足が震えてたりしますが、それを抑えて言い切るところがすごいです。

というわけで、支店へ異動します。

支店への初出社は開店する入り口から。ちょっと皆さんびっくりで。
すぐに支店長、副支店長と面談です。

腰巾着の副支店長に会話をチクリと対応しながら、支店長と腹の探りあい。
支店長はその場で配属を決めずに面談が終了します。

で、結局は渉外担当になります。
他社と直接交渉する厳しい部署です。
支店経験のない彼女には難しい。

支店長の考えは
「私は渉外の即戦力を希望した。
 そこへ本部がよこしたのだから、そのまま使ってやろう。
 本部の言うとおりにしたらどうなるか、私が本部と原島を試してやろう」
ということでした。

そんなわけで厳しい渉外へ。

渉外でも彼女の行動はマイペース。
特にあせって外回りするわけでもなく、支店内の見学。
その次は支店のまわりの状況確認。
町の活気、ビルのテナント空き状況、空き地などなど歩いてみて回ります。

そして、渉外でトップの成績をあげている加東とばったり出くわし、そのまま「シンワ商事」への営業に同席させてもらいます。

後日、会議で優良取引先との関係強化を方針として提案する加東に対し、新規獲得重視を提案する原島。
その結果、原島は新規専管として「シンワ商事」を任されることになります。

この後、シンワ商事攻略に乗り出すわけですが、彼女のやり方は従来の加東のやり方とは異なりました。
まず気になったのが美術品。
見事な李朝の陶磁器とイマイチな赤富士の絵画が同じところに飾られている不思議。
ここから社長、副社長と面会を果たしていきます。
(今までは経理部長に門前払いだったのに、、、)

さらにシンワ商事内の問題を見抜きます。
長男の副社長と腹違いの弟の常務。
長男に事業を継がせたいが美術の才はあるけど経営の才はいまひとつ。
経営の才は常務にあるが、腹違いの息子という面があり、抵抗がある。
現社長の迷いでした。

この点について、他行と違う思い切った提案をします。
副社長はいったん会社を辞め、美術品を管理する別会社をつくり、そこの責任者に。
そしてシンワ商事は常務が後を継ぐというものです。
こうすることで、家大体の美術品を管理するという名誉ある役職につくことで長男としての面目は保たれ、会社は経営上手な常務が切り盛りできる。

結果、見事に新規取引をとりつけます。
ついでに二人の母親それぞれから多額の預金も確保してしまいます。

ということで、最初の仕事は大成功でスタート。
次は・・・
-----

という感じです。
この後、不良債権の始末とか新興企業への融資&ファンドからの買収阻止とかでてきます。
けっこう今見ても面白いです。

原島さんがマイペースに見えて、見るところ見て、抑えるところを抑えていくところや、ときには無茶をするところとか、従来の慣例に縛られずに行動するところは参考になります。
常に相手の状況を見て行動するべきというところは時代や業界が変わっても変わりませんから。
最初は敵役っぽい支店長とも仲良くなってるし。

そして、話の中に銀行や金融に関する知識も出てきます。
本店と支店の関係や役職。
手形や融資の仕組み。
多少変化しているかもしれませんが、そんなに大きく変化するものでもないでしょう。
雑学としては十分な価値がありそうです。

ちょっと昔の漫画ですが、読んでみると意外と面白いです。
明日にでも残りの巻を借りに行かないとぁ~


----------
今回のまとめ買いはこちらから。

この女に賭けろ 【コミックセット】
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/05/02(土) 18:25:10|
  2. 技>仕事/お金
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『サイコバスターズ』小説原作の超能力モノ | ホーム | 『境界のRINNE(りんね)』高橋留美子の新作スタート!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://led999a.blog110.fc2.com/tb.php/123-26f14883
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
AKI'sRoom

マンガ部屋メニュー

AKI'sRoomへのリンク

プロフィール

Akiboo

Author:Akiboo
マンガ好き。
投資(株、FXなど)と温泉(特に露天)も好き。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

amazon サーチ

amazonで検索して購入できます。

----------
AKI'sRoomは投資や温泉や漫画のHPです。
http://homepage3.nifty.com/led999a/
好きなこと書いてま~す。
●ブログ部屋・・・漫画以外の日々ネタ、HPの更新情報です。
●投資部屋・・・セミリタイアを目指しサラリーマン投資法です。
●温泉部屋・・・私が行った温泉など温泉ネタです。
----------
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。