AKI'sRoom マンガ部屋

AKI'sRoomのマンガネタです。
読んだマンガについて勝手に言いたいことを書いてます。
他にも、こんなページも創ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『ONE OUTS』スポーツは心理戦!勝負師はルールも味方にする





【まとめ買い】
↓↓↓↓↓
マーケットプレイス コミックセット




私は『LIAR GAME』のような心理ものが好きです。
で、同じ作者(甲斐谷忍さん)の作品で

ONE OUTS』(ワンナウツ)

というマンガがあります。
タイトルからすると野球マンガですよね。
実際に野球マンガです。

ただ、いわゆる野球マンガではありません。
かなり斜め横からプロ野球を見た感じのマンガです。

といっても、わかりにくいと思うのでまずは簡単にストーリー紹介です。
(ネタバレありです。お気をつけて)

-----
プロ野球チーム「リカオンズ」の主砲の児島は自主トレのため沖縄にきていました。
トレーナーの木野崎と若手投手の中根といっしょに。
そんなある日、中根がつき指してバッティングピッチャーができなくなり、木野崎は代わりのピッチャーを探しに行きました。

そのとき、賭け野球「ワンナウト」をやっているグランドにたどり着きます。
そこで、無敗を誇る天才勝負師 渡久地東亜(主人公)と出会うことになりました。

まっすぐしか投げられない東亜を甘く見て、中根は惨敗してしまいます。
それを聞いた児島は怒り、東亜との対決に向かいます。

しかし、児島も東亜に40万ドル負けてしまいます。

このとき児島は自分の精神的弱さを知り、山に篭ります。
自分の弱さを克服し、東亜に勝つために。
毎日毎日、薪を割りゆるぎない精神を見につけるつもりだったが、最後に1本を割るときに手首を故障してしまうのでした。

それでも、児島は東亜に対決を挑みます。
賭けるものは自分の選手生命。
賭けさせるものは東亜が賭け野球から手を引くこと。

はじめるときから東亜は児島の怪我を見抜きます。
しかし、捨て身の児島は勝利をもぎ取ります。
そして、東亜を賭け野球から足を洗わせ、リカオンズへ入団させるのでした。

この東亜の入団で弱小球団リカオンズは大きく変わっていくことになります。
-----

という始まり方なのですが、ここからがほんとは面白いんです。
わざと書かなかったんですけどね。
たぶん読んだほうが面白いんで。

要点だけちょっと言うと、球団オーナーと東亜は契約をするのですが、その契約が非常に特異なものなんです。
「ワンナウツ契約」と呼ばれる契約なんですが、その内容の骨子は以下のとおり。

・すべて出来高払いの年俸契約。
・東亜がアウトを1つ取るごとにオーナーから500万円が支払わる。
・失点した場合は1点につき5000万円をオーナーへ支払う。

この他にも話が進むにつれて細かな取り決めがされるのですが、基本はこれ。

なので、1試合完封すれば

 27アウト × 500万円 = 1億3500万円

1試合でぼろ儲けです。
しかし、完封なんてそうできません。
これが3失点の完投勝利だと

 27アウト × 500万円 - 3失点 × 5000万円 = -1500万円

となり、マイナスなんです。

つまり、東亜は2点以内で抑えれば儲かりますが、3点以上取られると借金を背負うというものなんです。
よほど自分に自信がないとできない契約ですよね。
ちなみに現在のプロ野球選手ではほとんどのピッチャーはマイナスになります。

さらに、金の亡者のオーナーはお金を払いたくないから、あの手この手で妨害します。
それを東亜は相手の心理をたくみに利用したり、場合によってはプロ野球規定を逆手にとってかわしていくんです。

雨天中止で試合を成立させないためにわざと打たれたりしますから。
そして相手は成立されるためにわざと違反してアウトになったりもします。
普通ありえません。
そんなありえない野球の試合が描かれてます。

というわけで、「かなり斜め横からプロ野球を見た感じのマンガ」なんです。
その発想はなかったぁ~と思わされる作品なんですよね~。

この辺の駆け引きはLIAR GAMEに引き継がれていますね。

私はこういうマンガ好きなんですよねぇ~。
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/06/24(水) 13:16:37|
  2. 心>推理/心理バトル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『とめはねっ』もドラマ化されるらしい。





だいぶ以前、紹介した(こっち参照 http://led999a.blog110.fc2.com/blog-entry-24.html)

 『とめはねっ! 鈴里高校書道部

がNHKでドラマ化されることになったようです。

主演は望月結希:朝倉あきさん(17)と大江縁:池松壮亮さん(18)。
正直、どっちも知りません・・・。
いろいろ出てるらしいです。


河合さんはいつもマイナー路線を攻めている気がします。
最初は柔道マンガ『帯をギュッとね!』。
これはまだメジャースポーツと言える。

次が競艇マンガ『モンキーターン』。
ここで完全にマイナー路線へ。

そして、書道。
今まで見たことが無い・・・。
ギャラリーフェイク』とか『ゼロ』のような美術マンガで題材としてあがる程度。


まぁ、書道という地味な世界を楽しく書いているこのマンガはNHK的にいいのかもしれませんね。


ストーリーはというと今回は超簡単に。
(多少ネタバレあり)

-----
主人公は帰国子女の大江くんの方。
高校に入学するも、副部長に弱みを握られ書道部に入部させられます。
というのも書道部は部員を集めないと部として認められないから。
大江を入れても、4人。あと一人。

そのとき、大江は望月さんという同級生に投げ飛ばされ、怪我をします。
と言っても、軽いものです。
望月さんは柔道部期待のホープ。

しかし、副部長の悪知恵で骨折したこととし、それを理由に望月さんも書道部に引きずり込みます。
そんなわけで掛け持ち1人いながらも5人そろうことになります。

最初は無理やり引きずりこまれた書道ですが、二人とも次第に書道に興味を持つようになります。
そして、大江くんは同時に望月さんにほのかな恋心を寄せていきます。
一方、望月さんはというと大江くんにライバル心を燃やすのですが・・・。

そんなこんなで書道部はパフォーマンスをしたり、合宿したりで、いろいろあります。
-----

と言う感じです。

マンガは大江くんが主人公ですが、ドラマは、ヒロイン・望月さんの視点から描かれるらしいです。
木曜日午後8時から6回放送の予定。
6回ってことはすごく短いですね。

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/06/10(水) 16:32:57|
  2. 美>芸術/美術/音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『GTO』続編じゃない復活





【まとめ買い】
↓↓↓↓↓
コミックセット




ドラマだったら「あの鬼塚英吉が帰ってくる!」なんてCMが飛び交いそうです。
でもドラマじゃないです。
マガジンで

 『GTO

が復活するらしいです。
マガジンの50周年を記念して復活とのことです。

最近の藤沢とおるさんの作品はイマイチあたってなかったからかなぁ~とちょっと邪推してしまいますが・・・。

このマンガ、もともとは『湘南純愛組!』の続編だったんですよね。
湘南純愛組!』も学園モノ(?)。
ただし生徒のほうですが。

湘南最強「鬼爆コンビ」こと鬼塚英吉と弾間龍二のお話です。
もともと英吉のほうが主人公色が強く、龍二の方が彼女ともうまくいき、落ち着いてしまったので、GTOでは英吉が単独主役になったんだと思います。
あいかわらず童貞だし。
志乃美ちゃんという彼女一歩手前みたいな女の子もいたんですけどね。

こっちはこっちで青春モノって感じで好きでしたね。

と書いていたら、再連載モノよりもこっちを読み返したくなってきた私です。

-----
まとめ買いするなら、ご利用ください。
 ↓
コミックセット

  1. 2009/06/05(金) 16:07:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

『BECK』実写化。でも、主役は竜介?





【まとめ買い】
↓↓↓↓↓
コミックセット




うーん、ちょっと微妙なニュースが出てきました。

 「BECK、水嶋ヒロ主演で映画化」

水嶋ヒロがコユキ?
無しではないけど、ちょっとかっこよすぎる気がする・・・。

と思っていたら、実は竜介役でした。
映画は竜介を主役に描かれるらしいです。

そして、5人ともイケメン。
いわゆるイケメンバンドでいくらしいです。
配役は

 南竜介 :水嶋ヒロ(25)
 田中幸雄:佐藤健(20)
 千葉恒美:桐谷健太(29)
 桜井裕志:中村蒼(18)
 平義行 :向井理(27)

です。
いちおう、年齢構成は年長組と年少組になっていますね。
ただ全員年取りすぎですけどね。

そして、製作側は

 「青春映画、バンド映画の決定版を目指しており、
  竜介のもとに天才メンバーが集い成長していくストーリーになる」

と発表してるらしいです。
なんかちょっとイメージが違うなぁ~。

最初は確かに竜介だけど、一度壊れて、BECKはコユキのもとに集まる感じだったし。


で、このマンガにかかせない音も、映画ですからもちろんあります。
オリジナルの30曲を制作中らしいです。

製作側は

 「音楽は日本映画の中でも一番のレベルを目指す」

とこだわり発言。

でも、

 本当にBECKの歌を表現することが可能なのか?

あのマンガの音は実際に音にされてしょぼいと非常に悲しい。
音のすごさは音が無かったから表現できたのであって、実際に音があったら本当に世界に通用する音でないと・・・。
とか思ってしまう。

個人的には同じバンドを題材にしていても「NANA」とはそこが違うと思う。
NANAは人間関係が重要なので。
歌がうまいとされていたのは、レイナだけだし。
レイナの歌シーンはそれほど多くないし。

しかし、BECKは違う。
音で人の心を変えてしまうほどのモノと表現されている。
なので、実際に今度のオリジナルソングで頭のてっぺんからつま先まで衝撃が走るような歌でないといけない。
よくあるヒットソングではダメなんじゃないかと思います。

少なくとも今から練習して竜介のギターを表現するって・・・。
エアギターにして、後ろで別の人にやってもらったほうが良いと思う。

でも、一番問題はコユキの声だけどね。
世界が認めるコユキの声をどう表現する気なのか???
これもあって主役変更したのかも・・・。

まぁ、見るにしても完全に別のお話だと思って見ることにします。
だって、BECKはイケメンバンドじゃないしね。
イケメンは竜介と平くらいなはず。
  1. 2009/06/02(火) 18:35:54|
  2. 美>芸術/美術/音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
AKI'sRoom

マンガ部屋メニュー

AKI'sRoomへのリンク

プロフィール

Akiboo

Author:Akiboo
マンガ好き。
投資(株、FXなど)と温泉(特に露天)も好き。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

amazon サーチ

amazonで検索して購入できます。

----------
AKI'sRoomは投資や温泉や漫画のHPです。
http://homepage3.nifty.com/led999a/
好きなこと書いてま~す。
●ブログ部屋・・・漫画以外の日々ネタ、HPの更新情報です。
●投資部屋・・・セミリタイアを目指しサラリーマン投資法です。
●温泉部屋・・・私が行った温泉など温泉ネタです。
----------
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。