AKI'sRoom マンガ部屋

AKI'sRoomのマンガネタです。
読んだマンガについて勝手に言いたいことを書いてます。
他にも、こんなページも創ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『ダイヤのエース』珍しいタイプのピッチャーのスポコン野球マンガ




さて、正月読みまくったマンガ特集、第3弾に。
今回は

 ダイヤのA(エース)

です。
これはマガジンで現在連載中の野球マンガです。
甲子園を目指す高校野球モノで、それほど珍しいものではないです。
きっかけは忘れました。
ただ、なんとなく、読んでみたのが始まりです。

そんなスタートだったこのマンガ、読見続けることにした理由は、

 主人公のピッチャーが剛速球投手でないから

なんです。
どっちかというと使えない投手っていう状態から始まってます。
でも、今では1年にして1軍に上がっちゃいました。
それはこのピッチャーがムービングボールを投げるからなんです。
いわゆる“くせ球”です。
それにやわらかい身体を活かした投球フォームは球の出所が掴みにくい。
ということで、1軍入り。

もちろん、そんな簡単に1軍に上がれた訳ではないです。
その間はしっかりスポコンしてます。
最初のテストでは遠投で失敗するし、練習試合ではボロボロに打たれる。
3年生との試合でもここぞで勝負して打たれる。
2軍で指導をうける先輩キャッチャーはとっつきにくい人だったり。
まぁ、いろいろあります。

そんなのを持ち前の超前向き性格で乗り越えて、ピッチャーへの道を切り開いていくストーリーは深く考えなくてよいので、読んでいて気持ちいいです。
最近は考えるマンガが多いですから。
疲れたときに読んだのですらっと入りました。

一方で、先にも書きましたが、この投手の特徴はくせ球。
いわゆるスポコン野球マンガだと、剛速球のノーコンピッチャーってのが多い中、新しいアプローチです。
ちなみに剛速球キャラは同じ1年のライバルにいます。

あと、周りのキャラも高校生とは思えない濃いメンバーです。
キャラ設定も面白いので好きです。
さらに、舞台もスポコンマンガの王道ならば弱小高校なはずですが、名門強豪高校。
スカウトで集められたメンバーです。
強豪には強豪のつらさがあるってのも表現してたりします。

と、スポコンマンガ的でないとこを書いてきましたが、ノリはちゃんと少年マンガしてますね。
ラブコメ要素はあまりないですが、伏線は引いてあるのでいつかでてくるんでしょう。

というわけで、私としては疲れたときにさくっと読めるマンガです。
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/01/31(木) 01:56:11|
  2. 競>スポーツ/演劇/勝負事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

『ヒストリエ』アレクサンダー大王の側近のお話なはず?世界史が面白くなるかも




正月読みまくったマンガ特集、第2弾は、

 ヒストリエ

です。
作者は『寄生獣』でおなじみの岩明均さん。
この人の淡々した描写はけっこう好きです。
それで、目に付いて読み始めたようなもんですし。

このマンガ、世界史が本当にまったくわからないと最初とっつきにくいかもしれません
ぜんぜん時代背景がイメージできないので。
しかし、逆にそんな人でも、そういうファンタジーの世界だと思えば充分に面白く、逆に世界史に興味を持つきっかけになるかもしれませんね。
(妖精とか魔法はでませんが)


お話はアレクサンダー大王とそのお父さんが雇った(天才軍師だけど役柄は)書記官“エウメネス”のお話です。
けっこう波乱万丈です。
良いとこの坊ちゃんからはじまり、奴隷になり、村人になり、放浪(帰郷)して、書記官に納まったって感じですから。

ストーリーを大きく分けると
 1.カルディア幼少期
 2.ボア村成長期
 3.カルディア帰郷
となっていて、現在はその後のお話をアフタヌーンで連載中です。

紀元前4世紀の古代オリエント世界が舞台ですから、ギリシア、マケドニア王国、アケメネス朝ペルシアがでてきます。
その途中、エウメネスはアリストテレスと出会ったりもします。
この辺はいくらか脚色がありそうですけどね。

1の坊ちゃん時代に家の書物を読み漁り大量の知識を吸収します。
しかし、最後は自分の出生を理由に追い出されますが、どちらかというとその明晰な頭脳(弁舌もたつし、洞察力も高い)のために追い出される感じです。
その後、2のボア村で幼少期に培った知識を提供する対価として剣術を習います。
もともと人種的に身体能力が高いので、成長はすごいです。
村で1,2を争う剣術をみにつけますから。
そして、それらの成果がボア村での戦いで活かされます。
なので、2のボア村時代がお話的には一番面白いでしょう。
圧倒的に不利な村の人たちを計略により勝利へ導くストーリーは楽しめます。
ちょびっと恋愛モードもありますし。

その中で描かれる絵は寄生獣のような感じです。
けっこう殺戮シーンあるのですが、かなり淡々と書いているので気持ち悪さはさほどない気がします。
すごく冷めているというか、他人事というか、かなり不思議な感じです。
このタッチはかなり好き嫌いがあるかもしれませんね。





実は岩明さんは似たような作品を別でも書いてます。
同じ古代地中海世界(でも時代は違います)、第2次ポエニ戦争中のシラクサを舞台にした『ヘウレーカ』です。
こっちもけっこう好きですね。

最初は「ヒストリエ」とごっちゃになってました。
しかし、こっちはヤングアニマル増刊『Arasi』で書かれていて、どこにあるのか途中でわからなくなったりして、、、ちょっと困りました。
主人公のダミッポスがアルキメデス考案の兵器をつかってシラクサの街を守るっていう話です。
ちなみに兵器は描かれている兵器そのものが実在していたかは不明ですけど、なんかあったらしいということです。

さらっと読みたい方、これは全1巻なのでお勧めです。

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/01/30(水) 01:18:00|
  2. 武>戦闘/ファンタジーモノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『昴』バレエのこともわかるけど、けっこうストーリーも好きかも




正月読みまくったマンガについてちょっとずつですが書いていこうかと。
第1弾は、

 昴

です。
先日紹介した「CAPETA」と作者は同じ曽田正人さんです。
シンプルなタイトルです。
これも「CAPETA」と同じく主人公の名前です。
「め組の大吾」といい、曽田さんは主人公の名前を使うのが好きみたいですね。

題材は「バレエ」です。
この業界も私はぜんぜん知りません。
なので、ちょっとしたことも勉強になります。
(役に立つかは別にして、、、雑学好きですから)
バレエを知ってる人ならぜんぜん物足りないでしょうね。

ストーリーはけっこうヘビーです。


(以下はネタバレしていきますので、ちゃんと読みたい方は読まないで)

CAPETAと違ってけっこう関係者が亡くなります。
もちろんキン肉マンのように復活したりもしません。
主人公はその死を背負いながら、耐えてがんばるっていう感じです。

最初は双子の弟(兄だったけ?)が亡くなります。
小学生の頃に悪性の脳腫瘍で。
それまでの間、徐々に記憶障害が発生し、最後は動けなくなります。
すばる(主人公)はそんなかずま(弟)のために、日々の生活を踊りで表現してあげるんです。
病室で。
「自分のことがわからなくなったら、かずまが死んでしまう」
と思いながら。

その光景をクラスメートの真奈が見つけ、バレエに誘います。
すばるはすぐにバレエに興味を持ち、バレエをやってみたいと母親に相談します。
母親は「こんなときにバレエっ」ってと怒ります。
その言葉ですばるの今までかまってもらえなかったに対する我慢がここで爆発してしまいます。
勢いで言ってしまうんです。

 「かずま(弟)なんていなければいいのにっ!」

ただ言ったすぐ後に気付いてしまいます。
この言葉をかずまが聞いていたこと、、、。

そしてかずまの様態は急変。
すばるは自分の言葉が原因だと思ってしまいます。
「謝りたい。」
でも、その気持ちを表現する方法を思いつかないすばる。
ここで、頼れるクラスメートの真奈ちゃん再登場。
バレエで感情を伝えれば良い事をすばるに教えます。
そして、病院の廊下で二人で特訓します。
このとき、すばるはかずまのことを忘れバレエに夢中になっている自分に気付きます。
一時、すばるの心を罪悪感が支配します。
しかし、かずまが助かるならと罪悪感を抑えて、かずまのもとへ急ぎます。
が、間に合わず、かずまは帰らぬ人となっていました。
さらなる罪悪感がすばるを襲います。

そして告別式。
なきじゃくるすばるを父親は慰めようとかずまの最後の言葉をすばるに伝えます。
「すばるちゃん、ごめんね」
この一言は罪悪感でいっぱいのすばるには耐えられない言葉でした。
完全に精神崩壊状態になったすばる。
雨の中をさまよいます。
ふと気付くとかずまと遊んだ空き地にいました。

そして、そのすぐそばにはすばるに多大な影響をあたえる「おばちゃん」こと日比野五十鈴の「パレ・ガルニエ」という名のキャバレーがありました。
この「おばちゃん」との出会いがすばるをさらにバレエに世界に引き込んでいくことになります。

ここで、小学生編終了で、中学生編に入っていきます。

なかなか濃いスタートです。
例によって、この後一気に読んじゃいました。

おばちゃんにバレエを習いながら、その天才っぷりを出していきます。
と、同時に世間知らずな自己中娘っぷりも出してきます。
確かに上記のような生い立ちを考えると精神的に不安定になります。
なので、周りは引きずり回されて大変です。

この中では天才の苦悩とともにまわりの凡人の苦悩も描かれていて面白いです。
(曽田さんはこの展開好きみたいですから)

と、まぁ、今回は1巻のネタばらし中心に書いてしまいました。
今、続編がスタートしたので、これから楽しみです。
(といっても、前のが中断してただけなので、続編というより再開です)

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/01/29(火) 01:24:57|
  2. 競>スポーツ/演劇/勝負事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ご挨拶】今年もよろしく、、、今更ですが。

”かなり”あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

特に、近所の
セブンイレブンさん、ローソンさん、西友の本屋さん、BookOffさん、古本屋さん
よろしくお願いします。
おそらく、今年もかなりお世話になると思いますので。


で、
今年の年末年始は異常なくらいマンガを読んだ気がします。
毎年、実家に戻って引きこもってTVを見るのが普通だったので、今年(と昨年末)は
「外に出よう!」
と思って、けっこう出ました。
その結果、BookOff&ネットカフェに行きまくってしまった、、、。

で、今までBookOffでつまみ読み状態(途中の巻がない、最新巻がないなど)で、中途半端にしか筋のわからなかったものを読み直しました。
いずれまた感想書いたりしますが、年末から現在まで読んだマンガはこんな感じ。

・史上最強の弟子ケンイチ 19~27巻
・昴 1~9巻
・オーバードライヴ 9~15巻
・CAPETA 9~15巻
・しおんの王 5巻
・ダイヤのエース 3~8巻
・ヒストリエ 4巻
・ES 1~8巻(※モーニングで連載してた方)
・クレイモア 9~12巻
・ネウロ 10~14巻
・嘘喰い 1~2巻
・銭 1~3巻
・ああ探偵事務所 5~6巻

※ESは別のマンガもあるんで。

もうちょっと何かあった気もしますが、覚えているのはこんなもんですね。

ジャンルは適当ですねぇ~。
目に付いたものを片っ端からって感じですねぇ~。
雑学マンガとかぜんぜん無視して、読みましたねぇ~。

けっこういい気分転換になりました。
が、一方でぜんぜん読みたりねぇーとか思ってたりして、、、。

ほとんど中毒状態ですね。
困ったもんです。
といっても、さすがに仕事が始まってからは、ペースダウンして通常モードに戻ってますけどね。
早く毎日マンガ読んで暮らせるようになりたいです。


こんな私ですが、今年もよろしくお願いします。

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/01/20(日) 20:13:34|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
AKI'sRoom

マンガ部屋メニュー

AKI'sRoomへのリンク

プロフィール

Akiboo

Author:Akiboo
マンガ好き。
投資(株、FXなど)と温泉(特に露天)も好き。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

amazon サーチ

amazonで検索して購入できます。

----------
AKI'sRoomは投資や温泉や漫画のHPです。
http://homepage3.nifty.com/led999a/
好きなこと書いてま~す。
●ブログ部屋・・・漫画以外の日々ネタ、HPの更新情報です。
●投資部屋・・・セミリタイアを目指しサラリーマン投資法です。
●温泉部屋・・・私が行った温泉など温泉ネタです。
----------
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。