AKI'sRoom マンガ部屋

AKI'sRoomのマンガネタです。
読んだマンガについて勝手に言いたいことを書いてます。
他にも、こんなページも創ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『エンゼルバンク』自己評価を上げる方法…(前回の続き)

先週書いた転職の際の『エンゼルバンク』式(?)自己評価方法。
五角形書くやつです。

※まだ読んでない方は
  『エンゼルバンク』転職の際の自己評価はペンタゴンチャートで
 を参照ください。

この中で、転職代理人の井野さん(元高校教諭、転職代理人歴数日、、、)が

 転職前後では自分の能力は変わらない
 だから、チャートの合計値も変わらない

と言っておきながら、マンガの最後で

 でも、それ(合計値)を上げる方法をお教えします。

と言って終わってたんですよね。
で、今週のマンガでその結果発表。それは

 私達、転職代人がサポートすることです。

と。
正直、がっかり、、、。
もうちょっと面白いネタを期待したので。
私の予想候補としてはありましたが、ちょっといまいちだなぁ~と思ってたので。

と言っても、簡単に自分の能力を上げる方法なんてないですからね。
しょうがないのかもしれません。
自分の能力を上げれない、、、でも、それでもなんとかっ、、、
ていう場合のテクはやっぱり

 他人を使う!

ですからね。
自分ができないことでも人にやってもらうことでやりたいことは実現できます。
そして、自分は

 得意なところに専念する

これが一番自分の能力を引き上げる方法ですね。
ただし、この「他人を使う」を実践で一つ能力を身に着けないといけません。
コミュニケーション能力です。
この能力がないと、他人は動いてくれませんから、、、。
例え上司が部下に命令する場合でも。

どうお願いするのがよいのか?
その辺のところも書いてほしいところですが、このマンガでは触れられないでしょうね。というのも、今回は「他人を使う」側の人が転職希望者で、「他人として動く」側の人は転職代理人です。
転職代理人は転職希望者のために動いて稼いでいる職業ですから、頼まなくても動いてくれますから。
特にお願いする必要はありません。
(ただ、気分よく動いてもらうにはそれなりのコミュニケーションは必要ですけど)

それにこのマンガは転職希望者からの目線で書いているマンガではないですからね。
転職ってどう?っていう目線で楽しむのが良いでしょうね。

でも、転職を考えている人には面白いマンガですね。
ただし、完全に鵜呑みにするのも問題ですけど。
この人のマンガは極論に走りすぎる傾向があるから。
間違ってないんだけど、そのまま他人に言っちゃうと不要な軋轢を生みそう、、、。
ご利用にはお気をつけください。
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/11/30(金) 12:39:56|
  2. 技>仕事/お金
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『エンゼルバンク』転職の際の自己評価はペンタゴンチャートで

今週の『エンゼルバンク』はけっこう面白いこと書いてましたね。
転職する際の自己評価をする方法です。

やり方は簡単。

1.まず五角形を書きます。

2.各頂点に自分が仕事に求める項目を書きます。
 例えば、「やりがいのある仕事」「給料」「楽しい職場環境」などです。

3.その項目の現在の職場での点数を書きます。
 5段階評価でペンタゴンチャートを描きます。

とりあえずはこれで完了です。
これが自己分析にもなっているのです。
現在の職場の状況というのは自分の現状でもあるということです。


その後、転職後の希望を書いてみます。
すると、現状よりも大きな図形になるそうです。
そりゃそうですよね。
条件を良くするために転職するんだから。

しかし、現在の職場の点数が現在の自分の能力だとすると、転職しても、この合計点は変わらない。
つまり、希望のように五角形そのものを大きくすることは無理ということです。
確かに転職するからといって自分の能力が上がるわけではないですからね。


で、次に転職のアドバイスが行われます。
それは「配分を変える」ということです。
五角形(能力の合計点)が変わらないのなら、そのバランスを変えてやればよいということです。

つまり、バランスよく5つの項目を取りたいのか、給料をあげて他の項目は我慢するのか、それともやりがいを重視して給料をあきらめるのか、、、などなど。
全部を引き上げることは無理でもバランスを変えることはできるという発想です。
こうやると、自分が何も求めているのかがはっきりして、転職条件を決めやすくなるとのことでした。

確かに良いですね。
このやり方。
過度の期待は後悔のもとですしね。


で、これって転職しようっていうときよりも現状の自己分析全般に使った方がよさそうです。

まず、転職すると思って、上記の方法を試します。
(現状の五角形と希望のバランスの五角形を書きます。)
その上で現状から希望の状態に持っていくには何が必要かを考えます。
昇進すればよいのか、特許を書くほうがよいのか、資格を取ったほうがよいのか、などなど。

本来なら、ここで初めて転職という選択肢が出てくるんでしょうね。
この会社ではどんな方法を使っても理想にはならない!って結論がでるってことで。

その仕事が良い仕事か悪い仕事かを判断できるのは自分だけですから。
一般のものさしは使えません。
この方法はそんなところがよいんでしょうね。

年末にでも試してみると新年の抱負が決めやすいかもしれませんね。


で、次号では、「この五角形を大きくする方法を教えます」と言ってます。
ちょっと楽しみですね。
私としては3つほど方法が浮かんでますが、、、
それは漫画を読んで確認してからまた感想でも書きます。
(五角形の使い方は思いっきり見当はずれな予想だったので、今回の予想なんて怖くて書けません、、、)

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/11/26(月) 13:22:38|
  2. 技>仕事/お金
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

『ジョジョの奇妙な冒険』百人一ィィィ首ゥゥゥ無駄無駄無駄ァァァ

ジョジョは昔よく読みましたぇ~。
荒木飛呂彦さんの作品は『魔少年ビーティー』から読み続けてますねぇ~。

でも、『スティール・ボール・ラン』は読んでないんですよね。
いずれマンキツでまとめ読みする予定ですけどね。


で、今日は漫画のジョジョについて書くわけじゃないです。
ちょっと気になるネタを見つけたので。

なんとジョジョがモデルの百人一首がでるらしいです。
その名も

 「ジョジョの奇妙な百人一首」

完全予約生産商品。
予約期間は来年1/15まで。
価格は6300円。

けっこう欲しかったりする、、、。
完全予約生産というところがファン心理をくすぐります。

ジョジョの第1部から第3部までの名場面・セリフ100種類を収録しているらしいです。
ということはジョナサン、ジョゼフ、承太郎。
つまり、ディオとワムウも出てくるはず。
(私はこの2人がけっこう好きだったりします。)

やっぱり欲しい、、、。

朗詠CDも付いているらしいのですが、読み手はケンドーコバヤシ。

うーん、これはどうでもいいです。

予約はオフィシャルサイトでできますね。
 http://www.carddas.com/jojo100nin/

うーん、どうしよー。

テーマ:ジョジョの奇妙な冒険 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/11/20(火) 18:10:19|
  2. 武>戦闘/ファンタジーモノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『のだめカンタービレ』これは言うまでもなく、面白い・・・

今日は

 『のだめカンタービレ』

の新刊が出ていたので、読んじゃいました。

正直、この漫画はさすがに立ち読みしにくいです。
女性誌ですから。
でも、たまに読むけど、、、。
そんなのかんけーねぇーって感じで。


(以下では19巻の内容に触れてます。まだ読んでない方はご遠慮ください。)


前回の終わりかたからどうやって持っていくのかと思いきや、あっさりでしたね。
素直に千秋が謝るとは。
しかもちょっと甘えた感じで。
ここは作者が千秋にやってほしい願望が出てたりして。
普通はケンカになるパターンですから、ちょっと邪推してみました。
(男としては参考になるテクかもしれませんね)

さらにいっしょにウィーンへとか言ってる千秋が似あわねーと思っていたら、ちゃんとジャンとゆうこをつけるあたりが絶妙です。
普通に千秋とのだめのラブラブモードなんてこの漫画ではありえないし。
しかも、ジャンにプロポーズさせるし。
ゆうこがのだめより8歳年上ってのも面白かったけど。

さらに清良と峰を出してくるあたりがうまいです。
そろそろ熱血調子乗り野郎のインパクトがほしかったですし。
今回スランプに陥っている清良ですが、うまくいく方のパターンっぽいですね。

今回は脇役連中のコンクール三昧で主人公の音楽的出番は少ないですが、ちゃんとラブコメでがんばってましたからね。
ちょっとお休みモードですね。
千秋が飛行機でゆうこの隣に座っているのがかなり良かったですけど。


で、次回はターニャと清良のコンクールに決着がつくんでしょう。
でも、コンクールの結果より、それぞれのラブコメネタがどうなるのか方が気になるところですけどね。
(読者はみんなそうだと思います)


と、まぁ19巻の感想でした。
以下は全体的な感想。


やっぱり面白いですね。
この漫画。
かなり話題になるまで知らなかったんです。
が、とりあえず話題になっているものは「読まねばぁ~」と思い、立ち読み。
ここで速攻はまりました。
その後は会社の後輩に借り、全巻制覇。
その後も会社の後輩に新刊が出るたびに借りてます。

普通は音大卒のヒロインって言ったらねぇ~。
もっとねぇ~。
清楚なお嬢様を想像するところですよねぇ~。

真相は皆さんご存知「一角マングース」ですから。
そういうところからこちらの予想をはずしてくれるところが好きです。
(ちなみにのだめのモデルは現実にいるそうですね)

一方で、この漫画は音楽雑学マンガとしても有効です。
偉大な音楽家がどんな人でどうやって曲が生まれたかも紹介してくれますから。
ただメインはそっちの話じゃないので(あくまでラブコメ)、数は知れてます。
でも、音楽に興味を持つきっかけとしてはいいでしょうね。
この漫画を読むとその曲を聴いてみたくなりますから。
(実際CD借りたし、、、)


あと、のだめのドラマ、フランス編をやりますね。
笑えるのは、ターニャ(ロシア女性)をベッキー、フランツ(フランス男性)をウェンツがやることですね。
竹中直人のシュトレーゼマン(天才指揮者)は無理があったので、見栄えだけでも白人でって感じなんでしょうね。
今から楽しみです。

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/11/19(月) 20:07:30|
  2. 美>芸術/美術/音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ジャンプスクエア」やっと読めた。

やっと書店に並び始めた「ジャンプスクエア」。
コンビニで立ち読みしました。
といっても、さすがに立ち読みなので全部読むことはできなかったので、たいした評価はできないんですけどね。
気が向いたら、買って熟読しようかなと思ってます。
でないと月刊誌はきついですから。

それにしても、人気があったのか、初版が少なかったのか、どっちにしても売り切れてたんですね。
広告でも謝ってましたしね。
この広告が最初から予定して作ってあったのならビックリです。
(たぶん急遽つくったとおもうんですけど)

Webの広告も面白かったし、今回はプロモーションがんばってますね。
「月刊マガジン」に負けるわけにはいかないから気合入ってるんでしょうね。
といっても、プロモーションだけ良くってもマンガがダメならいけませんが、、、。
うまく競い合って、面白いマンガをだしてほしいです。

まぁとりあえず、『クレイモア』が読みたかった私としては、まずは読めて満足です。

が、昔から読み続けていた『かっとび一斗』はどこに行ったんですかね?
まだ途中でしたよね。
むちゃくちゃ読みたいまではいかないのですが、気になります。
  1. 2007/11/19(月) 02:45:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ
AKI'sRoom

マンガ部屋メニュー

AKI'sRoomへのリンク

プロフィール

Akiboo

Author:Akiboo
マンガ好き。
投資(株、FXなど)と温泉(特に露天)も好き。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

amazon サーチ

amazonで検索して購入できます。

----------
AKI'sRoomは投資や温泉や漫画のHPです。
http://homepage3.nifty.com/led999a/
好きなこと書いてま~す。
●ブログ部屋・・・漫画以外の日々ネタ、HPの更新情報です。
●投資部屋・・・セミリタイアを目指しサラリーマン投資法です。
●温泉部屋・・・私が行った温泉など温泉ネタです。
----------
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。