FC2ブログ

AKI'sRoom マンガ部屋

AKI'sRoomのマンガネタです。
読んだマンガについて勝手に言いたいことを書いてます。
他にも、こんなページも創ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『ソムリエ』ワインは好きじゃないけど、飲みたくなる・・・

昨日「もやしもん」を読んだ後、本棚に戻すときに、ふと目に留まって読んでしまったマンガが、

 『ソムリエ』

でした。

ワインマンガというと最近は「神の雫」が有名な気がします。
でも、私はこの『ソムリエ』の方が好きですね。
以前、ドラマ化もされたから知ってる人も多いかもしれませんね。
(私はドラマは見てないので、マンガの方しか知りませんが)

ストーリーは主人公の”佐竹城”は天才ソムリエ。
亡き継母の飲ませてくれたワインを捜し求めて各地を点々とするお話です。
最初はフランス。ドイツへ行ったりもし、途中、日本のレストランの統括ソムリエをやり帰ったりもします。
その間、ワインに関する知識を元にいろんな人の問題を解決します。

なので、話ごとにそのワインの薀蓄が出てきて、ワインの雑学マンガとして非常にお勧めです。
雑学マンガの王道パターン、いろんな問題を「ワインで解決」って感じですから。
『バーテンダー』のワイン版とも言えます。
それもそのはず原作が同じ城アラキさんですから。

おかげで私は、そんなにワインは飲まないんですが、ブルゴーニュ、ボルドーなどワインの産地に詳しくなりました。
といっても、飲まないとそれらウンチクはすぐに消えていきますが、、、。


ちなみに、城アラキさん、この後、
『新ソムリエ 瞬のワイン』
『ソムリエール』
なんかも書いてますね。
ほんとワイン好きなんですね。
さらに、ちなむのですが、この3冊は監修も堀賢一でいっしょです。
話自体はぜんぜん関連ないですけどね。


また、漫画は甲斐谷忍さん。
『LIAR GAME』ですねぇ~。
これもいいっすねぇ~。
私が『LIAR GAME』を読み始めた理由は『ソムリエ』の絵を覚えていたからなんですよね。
そういう意味でも良い漫画ですね。
(どういう意味???)

スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/10/26(金) 19:51:04|
  2. 食>飲食/酒
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ジャンプスクエア」月ジャン後継者。11/2創刊だそうで。

月刊少年ジャンプがなくなり、はや幾月。
ついにその後継の雑誌が表に出てきましたね。

 「ジャンプスクエア」

CMで「検索しないで、本が出たら買って」って言ってましたが、ちゃんとページもありますね。
 http://jumpsq.shueisha.co.jp/

ただし、まずは「検索された皆様へ編集部からのお願い」の文章が出ます。
別の検索やってねって書いてます。

しかし、しばらく待つと変なにいちゃんが検索窓から出てきて、別のページへ遷移させてくれます。
すると掲載予定のマンガ一覧が見れたりします。
待つのが嫌な人は以下のリンクからどうぞ。
 http://jumpsq.shueisha.co.jp/html/result_00.html

このパターン以外にもいろんな仕掛けがあるので、最初のお願いページでほっとくといろいろ見れます。

で、とりあえずそこに書いてあった今度の雑誌のマンガリストです。

-----
"エンバーミング -THE ANOTHER TALE OF FRANKENSTEIN-" 和月伸宏

"HELLO BABY" 森田まさのり×小畑健
 『ろくでなしBLUES』の森田まさのりさん×『ヒカルの碁』『DEATH NOTE』の小畑健さん。この組み合わせがゲストとして登場らしい

"Luck Stealer" かずはじめ

"まつりスペシャル" 神尾葉子
 『花より男子』の神尾葉子さんが少年漫画誌に初登場!!

"CLAYMORE (クレイモア)" 八木教広
 言うまでもなく、最も期待の一品。

"テガミバチ" 浅田弘幸

"増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和" 増田こうすけ

"ロザリオとバンパイア" 池田晃久

"PARマンの情熱的な日々" 藤子不二雄(A)
 藤子不二雄A氏が書くらしい。

"屍鬼" 藤崎竜
 久しぶりの藤崎さんに期待。

"[紅 kure-nai" 片山憲太郎×山本ヤマト

"新作" 片倉・狼組・政憲


"DRAGONAUT -THE RESONANCE- (ドラゴノーツ)" 木下聡志

"TISTA" 遠藤達哉

"Tales of Innocence" 海童博行

"3年Z組銀八先生" 空知英秋×大崎知仁
 『銀魂』のアナザーワールドらしい、、、けど、あんまり銀魂読んでないからなぁ~、よくわからん。

"世界の中心で太陽にほえる" ポンセ前田

"アキバザイジュウ" 稜之大介

"清く正しく美しく" ufotable×たあたんちぇっく

"罪花罰" 三上骨丸

"魔法の料理 かおすキッチン" 服部昇大
-----

新旧・男女作家を織り交ぜて、けっこう力入れてる感はありますねぇ~。
でも、読んでみないことにはなんとも言えんって感じですね。
月刊誌での講談社独走を止められるのか?
ちょっと期待です。

p.s.
と、書き終わって気付いたのですが、
このサイトで一部立ち読みできるようですねぇ~。
読まないとー。
でも、紙がいいー。
  1. 2007/10/16(火) 20:26:12|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

『しおんの王』将棋サスペンス漫画!?

「ネウロ」「もやしもん」に続き、『しおんの王』のアニメがはじまりました。

この漫画、なんとなく近所の古本屋さんで目に付いて読んだのが始まりでした。
「王」という文字がタイトルにあることから、「緑の王」とか「穏(なばり)の王」とか戦闘ものorファンタジーものをイメージしてたのですよね。
でも、読んでみると

 「『王』って将棋の王将のことぉ~」

という感じでした。

とはいうものの、「これはこれでいいかっ」と思って読みました。
漫画の中では将棋の専門知識はそれなり。
そんなに雑学を深めにしていないです。
そのためけっこう読みやすく、しっかり読んじゃいました。
(雑学深めでも読むんですけどね)

さらに単なる将棋漫画だと思ったのですが、サスペンス色もあったんですよね。
基本は将棋中心なんですが、その中にサスペンス的伏線が貼られていて、なかなか展開を期待させてくれます。

絵は線が細めのキレイな(かわいい)絵なので、気分的にも楽に読めますし。
(そういえば、絵が萌え系のかわいい絵なのが人気の理由かも、、、)

私としては、サスペンス部分がつまらない謎で終わらないことを祈るばかりです。
やっぱり終わりがしっかりしてないとそこまでどんなによくてもねぇ~。
(『Monster』とかは痛かったし、、、)

がんばってくれぇ~


p.s.
それにしても、最近は普通の推理サスペンスじゃダメなんでしょうね。
「ネウロ」にしても「しおんの王」にしてもちょっとアクセントいれてますから。
普通の推理物だと金田一、コナンを超えられないし、飽きられちゃてますしね。

テーマ:しおんの王 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/10/15(月) 00:15:34|
  2. 競>スポーツ/演劇/勝負事
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

『もやしもん』アニメは原作どおり。どこまでやるのか?

『もやしもん』のアニメが始まりましたね。
ちょっと絵が細長めに変わっちゃった感じがありましたが、原作見直すとそうでもないかなぁ~。
ストーリーはそのままですね。
最初のあざらしの死体をどう表現するのかと思いましたが、おとなしく処理してましたし。
菌たちも元気に動き回ってたし。

この時間帯のアニメ(ノイタミナ)は原作のストーリーに忠実につくるみたいですね。
『のだめカンタービレ』のときもそうでしたから。
ただ、11回で終わらせるというのが決まっているせいか、強引に終わらせるっぽいのが問題ですね。
のだめの最後なんかは1話分を最後の歌の中でマンガ的に出すだけでしたからね。
あれはちょっとひどかった、、、。
サザエさんの終わりの歌じゃないんだからって感じで。
『モノノ怪』(前のアニメ)は見てなかったのでなんとも言えませんけどね。

もやしもんは連載中だから、どこまでやるのか???
途中で切れる部分があった気もしないですけどね。
春祭は行くでしょう。
沖縄もなんとか。
フランス編はきついですかね。

そうなったら、のだめといっしょ?って感じですね。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/10/14(日) 00:58:16|
  2. 食>飲食/酒
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『エンゼルバンク』今度は「転職」。ドラゴン桜続編スタート!

三田紀房さん、『ドラゴン桜』が終わり、その後は講談社以外で忙しいそーだなーと思ってました。
集英社、小学館でそれぞれ一本ずつ書いてますからね。
だから講談社はお休みかなと思っていたら、またモーニングで連載開始しましたね。

 『エンゼルバンク』

『ドラゴン桜』の続編です。

今度のテーマは「転職」。
順調に進学校として成功していっている龍山高校の中で、なんか燃えきれない井野先生(英語教師)。
そんな彼女が転職を考えるに当たり、桜木に相談するところから話が始まります。
(と言っても、素直に相談するわけでなく、相変わらずぐだぐだいいながらなんですけどね。)
なので、今回の主役は井野先生っぽいです。

で、桜木いわく、「止めとけ」からはじまるんですけどね。

まぁ、相変わらず世間の批判をまっこうから受けてやろうって感じの内容です。
私としては、みんなが言いにくい部分をはっきり言うので好きなんですけどね。
『ドラゴン桜』にしても『銀のアンカー』にしても『マネーの拳』にしても、かなりいいとこついています。
受験テクなんて懐かしい限りでしたから。

この3作を見ていると三田さんは教育系というか人間育成系が好きなんですかね。
テーマは受験、就職、起業(今は上場)ですから。
人生の岐路的な題材が多く、そのときの心構えや考え方なんかを書いてます。

ただ、これらのマンガには問題があるんですよね。
視点が一方的なんです。
このくらい一方的に書かないとインパクトがないんでマンガとしてはしょうがないんですけど、、、。
人によっては都合のいいように解釈して言い訳に使われそうなんです。
「あのマンガでこう書いてあったっ!」って、無理やり使われてもね。
マンガの評価を落とされるだけでぜんぜんうれしくなく。
せっかく良いこと書いてるのに、、、。
ってなってしまいますから。

ですので、読むときは必ずしも鵜呑みにせず、多面的に見ながら読みましょう。
と、書くとこのマンガ嫌いなのかと思われるかもしれませんが、私はこれらのマンガはかなり好きです。
だからこそ気をつけてほしいんで。

劇薬ですので、読書上の注意をよく読んでから読んでください。
(そんなもん書いてないですけど、、、)

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/10/12(金) 01:52:22|
  2. 技>仕事/お金
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
AKI'sRoom

マンガ部屋メニュー

AKI'sRoomへのリンク

プロフィール

Akiboo

Author:Akiboo
マンガ好き。
投資(株、FXなど)と温泉(特に露天)も好き。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

amazon サーチ

amazonで検索して購入できます。

----------
AKI'sRoomは投資や温泉や漫画のHPです。
http://homepage3.nifty.com/led999a/
好きなこと書いてま~す。
●ブログ部屋・・・漫画以外の日々ネタ、HPの更新情報です。
●投資部屋・・・セミリタイアを目指しサラリーマン投資法です。
●温泉部屋・・・私が行った温泉など温泉ネタです。
----------
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。