FC2ブログ

AKI'sRoom マンガ部屋

AKI'sRoomのマンガネタです。
読んだマンガについて勝手に言いたいことを書いてます。
他にも、こんなページも創ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【クロサギ】絶対読むべき!だまされないポイントをつかもう~

「クロサギ」14巻、遅ればせながら買いました。
ついでに13巻も。買ってなかったので、、、。

13巻はマネーロンダリング、14巻は不動産が中心でしたね。
どっちもサラリーマン投資家の私としては興味のあるネタでした。
ただ、規模がでかすぎて私の投資には使えませんが、、、。

このマンガは連載開始からずっと読み続けています。
私のお役立ちマンガランキングではかなり上位にいますから。
自分の投資に関係するものも多いですし。
しかも単行本では最後に解説も入れてくれてるしよいですね~。

読んでいて思うのは、詐欺には普遍的なパターンがあるっぽいです。
「欲をくすぐる」か「不安を煽る」のどっちか。
これは当然ですね。
あと、「やり方は意外とシンプル。」
特に一般人をだます場合は特に。
気分的には「マジック」と同じで、種明かしをされると「あぁ~、そんな簡単だったんだぁ~」という感じです。

自分はだまされやすいと思ってる人、読むことお勧めです。
ドラマよりもしっかり説明してくれますからね。

で、だまされにくいと思っている人も読んだ方がよいですよ。
私もだまされにくいと思ってましたが、ここまで気合いれられたら騙されます。
だまされないことが無理っ!

なので、私は騙されても被害が少なくなるように心がけることにしました。
(もちろん騙されないようにしますけどね)
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/07/23(月) 23:53:43|
  2. 技>仕事/お金
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「コミックボンボン」休刊だそうですね

ガンダム世代の私は「プラモ狂四郎」ってマンガを見ながら、「こんなガンプラつくりてぇ~」と思ってました。
しかし実際には、プラモを入手する根性がなく、やりませんでしたけどね。

そんな私と同世代の人は読んだであろう月刊マンガ誌「コミックボンボン」。
休刊になるらしいです。
11月発売の12月号を最後で、来春に中学生向けマンガ誌「月刊少年ライバル」を創刊するとのことです。

このマンガはもう読まなくなって久しいです。
さすがに読むマンガがないですから。

新聞によると、「コロコロコミック」に敗北したようです。
ポケモンを中心に玩具とのコラボが絶妙で、どんどん発行部数に差が出たらしいです。
一説には、ボンボン編集部内部の問題(作家さんへの冷遇など)もあるらしいですけど。
その辺は当人達でないとわからないので。

月間少年誌では、講談社(月刊マガジン)は集英社(月刊ジャンプ)に勝ちましたが、コチラの分野では、小学館(コロコロコミック)に敗北したって感じですね。
さすがにメインの週刊少年誌は3つ巴(ジャンプ、マガジン、サンデー)状態で、休刊は無さそうですけどね。
  1. 2007/07/20(金) 11:56:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

【史上最強の弟子ケンイチ】原作はちょっと違う???

テレビ東京の深夜枠でアニメをやってますが、ここでは小学館系のマンガ使ってますよね。
「ギャラリーフェイク」や「モンキーターン」とかやってましたよね。

で、今やってるのが「史上最強の弟子ケンイチ」。
正直、あまり読んでなかったのですが、なんとなくアニメ見たらちゃんと最初を知りたくなって、例によって近所の古本屋(立ち読みできます)へ行ってきました。
すると、「史上最強の弟子」という名のマンガがありました。
「ケンイチ」は?
と思ったのですが、とりあえず読んでみることにしました。

ほとんど一緒だったのですが、少しずつキャラクタ設定が違ってるんですよね。
で、調べてみるともともとはサンデー増刊号でやっていた「闘え梁山泊 史上最強の弟子」というのがあったようです。
そこで好評だったので、リニューアルして週刊でスタートしたと。

ということで、再度ケンイチ版を探して、読み直しました。
おかげで倍の時間がかかってしまいました。
肩こった、、、。
親不知を抜いた跡もまだ少し腫れてて、動くと痛かったので、じっとしているのにはちょうど良かったんですけどね。

ちなみに増刊と週刊で違う点。
・美羽の高校が違う。
・時雨がいない。
・ケンイチが闘うのはスネイクという手段で、ラグナレクはその対立組織。
・武田が竹ノ内となっていてラグナレクではない。
・ハーミットこと谷本くんの苗字が違っていた気がする。

他にもあるようですが、大筋の流れは同じですね。
週刊の方が長期連載を想定している設定になっている感じですね。

話自体はスポコンものなんですが、主人公に「才能がない」と言い続ける師匠たちというのがちょっと違いますね。
才能がないと言ってますが、あのありえない修行を続けれるのは才能だと思いますけどね。
普通の人ではやりませんから。
だんだんヒーローの強さインフレ法則に乗ってきましたし。

美羽の父親が出てきたら、終了に向けて加速するんでしょうね。
無理して話を引き伸ばさずに自然に終わらせてくれることを願います。

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/07/16(月) 23:32:42|
  2. 武>戦闘/ファンタジーモノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【超人ロック】伝説の超人もすべてマネることからはじめる。

今日、BOOK OFFで珍しいマンガを見つけました。
「超人ロック」です。
普通の「超人ロック」はよく見かけるのですが、これは「冬の虹」というかなり初期の頃の話なんです。
だから私が持っている文庫版にはない話で、見てすぐ購入してしまいました。

「超人ロック」ってけっこう名前は知られているけど、ストーリーを知られていないマンガじゃないかと。
私ももともとこの漫画は小さいころにOVAの「ロードレオン」をチラ見して知っていた程度でした。
そして、大学時代に文庫版を古本屋で見つけて、はまってしまい、(文庫版で)全巻そろえました。


かなりの長編で、主人公ロックが不老不死なのをいいことにほとんどSF大河ドラマ状態になっています。
年表が必要ですからね。
作品自体は短編の集合ですが、ちゃんと時代が流れていて、ある時代で仲間だった人の子孫がでてきたりします。
今日買った「冬の虹」でも後で出てくる”ロンウォール”博士の祖先(親?)が出てきてますからね。
そんなつながりも意識して、私としてはよくできた作品だなぁ~と思っていたのですが、Wikipediaによるとけっこういい加減だったそうです。
つじつまのあわないところとかもあったようで、、、。
どの時代に入るのかわからない短編もあるようです、、、。


この漫画で私が気に入っているのは、主人公がけっこうやられるところです。
しょっちゅうに敵に洗脳されてあやつられますし。
まぁ、どんなに力づくで追い込まれても、最後は超人パワー全開で逆転するのも多々ありますけどね。

また、このマンガ、普通スーパーヒーローもので不可欠な必殺技にも特徴があります。
それは

 「全部、最初は他人の技だった」

ということです。
サイコキネシスくらいかなぁ~と思っていたのですが、それも違うことが「冬の虹」でわかりました。
「テレポート」「サイコスピア」「マトリクスの移し替えによる変身」「リングスライサー」「ラフノールの鏡」など、他にもいろいろあるのですが、全部他人の技でした。
それをロックは見て、学習し、自分のものにしていきます。
そして、次の話ではさも自分の技のように使いこなしているんです。

苦労して必殺技を開発するヒーローたちにみせてやりたいですね。
この効率性。
すばらしいです。
必殺技に特許はありませんから、他人のをパクるのが最も効率的ですからね。

どんなすごい技術もまずはマネからはじまるんだと悟らせてくれるというすごい漫画です。
といっても、ふつうに面白いですけどね。
今でも続編なり出てるくらいですから。

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/07/13(金) 01:14:41|
  2. 武>戦闘/ファンタジーモノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【バーテンダー】カクテルの知識ならコレですね

大学のころはビールよりもカクテルが好きでした。
そんなこともあり、いろんなカクテルを飲んだ気もします。
が、実は井の中の蛙だったことを今更ながらに思い知らされます。

そんな漫画ですね。
この「バーテンダー」という漫画は。

アニメ化されてけっこう有名になったと思います。

主人公「佐々倉溜」は「神のグラス」と呼ばれるカクテルをだせるバーテンダー。
「神のグラス」という名のカクテルがあるわけではなく、

 「孤独に傷つき行き場のない魂を救う最後の一杯
  それを『神のグラス』という」

そうで、この主人公はそれを目指しているのですが、コンクールで優勝したりするうちに本人がそう呼ばれていると。
といっても、まだまだ修行中で、よく先輩のバーテンダーに”かっこよく、おしゃれに”説教されてます。
(この漫画のバーテンダーさん達は普通に怒鳴って説教しないんですよ。)

この漫画では、必ず一話に1つカクテルとそのエピソードが出てくるので、カクテルを知りたかったらこの漫画を読むと良いでしょう。
バーでの飲み方からバーテンダーの基礎知識、さらにはお酒に関する歴史まで勉強できます。

ちなみにバーテンダーさんを「バーテン」と呼ぶのはやめましょう。
バーテンダーとは「バー=止まり木」「テンダー=優しい」ということで

 「優しい止まり木」

という意味で、どんなお客様にも優しさを運び、決して裏切らない存在なんだそうです。
なので、ちゃんと「バーテンダー」と呼びましょう。
(そんな良いバーテンダーさんは少ないようですけどね。)

この主人公はこうも言ってます。

 「世の中に絶対にお客様を裏切ってはいけない仕事がふたつあります。
  ひとつは医師・薬剤師。
  では、もうひとつは?

  バーテンダー

  どちらも処方ひとつで毒にも薬にもなるものを売ってますから」

ということです。
かっこいーですね~。


私はこの漫画を読むたびにバーに行きたくなります。
なので、お酒と同様読む際には「適量」を心がけてます。

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/07/09(月) 19:00:44|
  2. 食>飲食/酒
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
AKI'sRoom

マンガ部屋メニュー

AKI'sRoomへのリンク

プロフィール

Akiboo

Author:Akiboo
マンガ好き。
投資(株、FXなど)と温泉(特に露天)も好き。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

amazon サーチ

amazonで検索して購入できます。

----------
AKI'sRoomは投資や温泉や漫画のHPです。
http://homepage3.nifty.com/led999a/
好きなこと書いてま~す。
●ブログ部屋・・・漫画以外の日々ネタ、HPの更新情報です。
●投資部屋・・・セミリタイアを目指しサラリーマン投資法です。
●温泉部屋・・・私が行った温泉など温泉ネタです。
----------
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。