AKI'sRoom マンガ部屋

AKI'sRoomのマンガネタです。
読んだマンガについて勝手に言いたいことを書いてます。
他にも、こんなページも創ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『ベイビーステップ』スター性の薄いテニスの王子様???





【まとめ買い】
↓↓↓↓↓
コミックセット




本日はけっこう気に入っているテニス漫画です。
といっても、某王子様ではないです。

 『ベイビーステップ

というマガジンで連載中の漫画です。
勝木光さんの作品です。(他の作品知りません)

この漫画の何が気に入っているかというと、某テニス漫画みたいにキラキラしてないとこなんです。
言い換えると地味です。

というところの紹介もかねてストーリー紹介です。
(軽くネタばれありです)

-----
主人公は丸尾栄一郎。
性格は超ど級の几帳面。
その几帳面さと根気強い性格のおかげか成績も優秀。
小学校以来オールAを通しています。
で、ついたあだ名が「エーちゃん」。

彼の几帳面さを最もよくあらわしているのが「エーちゃんノート」。
勉強した内容をきっちりかつきれいにまとめてあるノートなんです。
その中身のすごさに借りた友達も引いてしまうほど。

そんな彼がある日、かわいい女の子 奈津ちゃん(ヒロイン)と出会います。
出会いの理由は「ノート貸して」なんですけどね(笑)

その後、運動不足解消のため「南テニスクラブ」(STC)に無料体験に行きます。
そこで奈津に誘われて、テニスを始めることになります。

もちろん彼の几帳面さはテニスにも表れます。
テニス版エーちゃんノートです。
教わったことや気づいたことは必ずノートに書き込みます。
ラリーのときのボールの軌跡なども。

その結果、彼はすごいスピードで上達します。
といっても、いきなり優勝とかするわけではないです。
どっちかというとよく負けます。

同じクラブのエース 大林に負け、神奈川ジュニアテニスサーキットという公式戦でも負けます。

そんな中、最初は運動不足からはじめたテニスでしたが、のめりこんでいきます。
奈津や大林や荒谷など同世代がプロを目指していく姿を見て、自分もプロを目指したいと思うようになります。
そして、その思いを両親にも告げ、期間限定でプロを目指し、それで結果が出なければあきらめるという決意をします。

そこからはクラブでも特別メニューに変更です。
肉体改造もあります。
そして現在(5/20の発売号)では渡米してます。
アメリカのテニス専用スクールへ武者修行に。

そこで既にプロになっている池くんに再会したり、アメリカのメンバーと試合して負かされたりしてます。
------

これだけ見るとそんなにでしょ。
でも、実はここまでに8巻分くらいかかってるんです。
(かなり巻きで説明しちゃいました)

その中でテニスの基本的な話もあります。
主人公が自分なりに解釈してノートにまとめてたりするんで、テニスを知らない人でも読めます。

ある程度うまくなったところで公式試合に出て、ライバル登場。
ここで、ライバルの特性が出てきますが、某漫画のように必殺技はそんなに出ません。
ベースラインでの打ち合いが得意とかパワーでねじ伏せるとかオールラウンダーで相手の弱点を攻めるとか。
いわゆる普通の感じです。

そこがいいんですよねぇ~。

主人公の特徴も動体視力の良さと几帳面さだけ。
プレイスタイルは弱点のないオールラウンダー。
悪く言うと突出した特徴がない・・・。

結果、自分のテニススタイルはコントロールのよいストロークで相手を崩すということに気づきます。
もともと頭もよく、戦略眼もありますから。
試合中にもノートを書きながら、戦略を整理して相手に挑むという地味な主人公なんです。
根性とか気合とかなし。
いきなりスーパーサイヤ人みたいに覚醒することもなし。
(たまに戦略をひらめくことはありますが、能力は変わりません)
現実っぽいんです。

雑学もほどほど。
(テニスの雑学はあるので、そこには期待してませんけどね)
奈津とのラブコメもほどほど。


私としては今一番お勧めのテニス漫画ですね。
ただし、人気があるかは不明ですが・・・。

スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/05/25(月) 23:12:05|
  2. 競>スポーツ/演劇/勝負事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『100万$キッド』昔のギャンブル漫画だけど、今見ると・・・





【まとめ買い】
↓↓↓↓↓
コミックセット



ギャンブルを題材にした漫画も多いですよね。
マージャンはもちろん『カイジ』みたいなドロドロしたやつも。
そんな暗いイメージが多いギャンブル漫画ですが、昔少年向けとも言うべき明るいのがありました。

 『100万$キッド』

っていう漫画です。
石垣ゆうきさんの作品で、少年マガジンで連載されてました。
私が小さい頃に読んだ記憶があって、久しぶりに読んでみました。

では、感想言う前に簡単にストーリーです。
(第1話だけ完全ネタばれで紹介です)

-----
主人公は二階堂ひろし。
日本有数の財閥二階堂家の三男坊。
ギャンブル好きで学校でもカエルレースやったり先生の下着の色で賭けたりしてました。

そんなある日。
二階堂家当主の父親が重大な話をすると言って3人の息子を集めます。

 「おまえたちに一億円ずつやろう!」

とのことでした。
実は当主を決めるために息子たちに1億円ずつ渡し、それをもっとも有意義に使った者に跡継ぎを決めようというものでした。

表向きは。
実はまじめな長男、次男二人に比べ、能天気な三男を振り落とすことが目的でした。

そんな父親の思惑を知らないまま、ひろしは一億もらえることを喜びます。
堅実な使い方をする兄に対して、ひろしはラスベガスに向かいます。
もちろん狙いはギャンブルです。
おじいさんを道案内に旅立ちます。

そこで最初の相手ビックJに出会います。
ポーカーでの勝負を挑みます。

序盤は連敗に次ぐ連敗。
ひろしは逆転するため、掛け金上限なしの最後の勝負を挑みます。
カードが配られ、ビックJは2枚交換。
ひろしはというと、ノーチェンジ。
一枚も交換しません。

この交換でビックJの手札はAとKのフルハウスが完成していました。
一方ひろしは頻繁に手札を入れ替えていました。
それを見たビックJはひろしの手役をストレートだと考えます。
数の順番に並べるストレートが最も並び替えるので。

そして、ベットに入ります。
カードをオープンしながら賭けていきます。
まずは3枚オープン。
ビックJはAを3枚。フルハウスのスリーカード部分です。
ひろしは4,5,6。
お互い100万ずつ上乗せです。

4枚目。
ビックJはKを。
ひろしは3。
しかしそれまでの4枚がすべて同じハートだったんです。
これはストレートフラッシュの可能性が出てきました。
ビックJははったりだと考えて、500万上乗せします。

それに対して、ひろしは受け、さらに1億上乗せするのでした。
重く、熱い空気が場を支配します。
悩むビックJ。

そこへひろしは
「さあ、この勝負うけますか!」
と。

このプレッシャーをうけきれずビックJは勝負を降ります。
ひろしの勝利です。
実際にはひろしの役はブタ。
いい手札のこないひろしは最後にブラフで攻めにでたのでした。

こうして最初の勝負に勝利するひろし。
さらにひろしのギャンブル旅行は続くのでした。
-----

と第1話だけ完全ネタばれで書いてみました。

読んでみて思いました。
しっかり忘れてる・・・。
こういうスタートだったんっけ???って感じでしたから。
しかし、読んでいくと思い出すもので、ここはこうやって勝ったんだよなぁ~って。

この後、ストーリーは伝説のギャンブラーや凄腕イカサマ師などいろんなギャンブラーと対決となっていきます。
が、基本的には第1話と同じ展開です。
序盤負けて、最後に逆転。

ただ今改めて読み返すとけっこう運任せで勝ってるなぁ~と。
最後の1勝負で逆転するパターンが多いのですが、その最後に都合のよい手札が入るんですよねぇ~。
すべて自分の読まれるので、手札をみないで勝負したりするときもあり、ギャンブルに強いっていうより、単なる強運って気もしました。
度胸があるのがすごいとも考えられるけど、無謀とも言えるんで。


ギャンブル漫画の宿命ですかね。
盛り上げどころでいい手を入れないと締まりませんし、主人公が負けたら終わっちゃいますしね。


後、この漫画、いろんなタイプのポーカーを紹介してくれたりもします。
通常の5枚使うものがほとんどですが、1枚だけでやるインディアンポーカーなんても出てきます。

さすがに全巻読み返したわけじゃないので全部はわかりませんけどね。
またじっくり読もうと思います。
  1. 2009/05/07(木) 22:00:54|
  2. 競>スポーツ/演劇/勝負事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『クロスゲーム』あだちさん、休んでると思ったら・・・




















先日の日記でお休み中と書いてしまった「あだち充」さん。
今週から復活してましたね。

 『クロスゲーム

第3部です。
あだちさんにしては珍しい途中休載だったんで何かあったんかなぁと思ったのですが、無事始まってよかったです。

で、ここから軽くストーリー紹介。
(ネタバレあるので注意)

-----
主人公はスポーツ用品店・キタムラスポーツの息子の樹多村光くん。
(以下では「コウ」としてます。)
あだちさんの漫画では珍しく小学生スタートです。

で、もちろん登場するのは幼馴染。
近所のバッティングセンターの月島家の女の子。
ただし今回は四姉妹だったりします。
長女の一葉、次女の若葉、三女の青葉、四女の紅葉。
もちろん4人ともかわいいという設定です。
家族ぐるみで和気あいあいで、特に若葉とは同級生ということもあり仲がよいです。
反対に三女の青葉には嫌われてます。
(理由はコウがいると若葉が遊んでくれないからなんですけどね)

当初はお店のスポーツ用品を売ることに熱心で、特に野球には興味がなかったコウ。
バッティングセンターにはよくいくので打つのはうまかったのですが。

しかし、あるとき青葉にピッチングで負かされます。
そのときのフォームがかっこよく、惹かれます。
(あくまでフォームにです)
そこで若葉に青葉の練習メニューを教えてもらって練習します。
(ちなみに青葉は独力で練習してました。激ウマです)

一方で、コウと若葉は小学生ながら相思相愛状態。
そんな若葉はコウの才能を見抜いてもいました。
青葉に好みのタイプをきいたときに、青葉は
「160km/hのストレートを投げられる男」
と言ったところ
「コウはその気になれば160km/hの球を投げられる」
と断言し、
「とっちゃだめよ」
と言うほどです。

そんな仲の良い二人+一人だったんですが、小学校5年生のときに事件が起こります。
若葉が水難事故で亡くなってしまうんです。

そして月日は流れて中学生に。
さらには高校生に。
本格的に甲子園をめざして野球をはじめるコウ。
小学校時代からの仲間と野球部へ。
そこには特待生でつくられた野球部とそれ以外のプレハブ組。

ここで、どう甲子園をめざすのか?
-----

なんて感じですね。

タッチ』以来、この方の漫画はほとんどワンパターンなのですが、なんとなく読んでしまいますね。

主人公、ヒロインの顔を数パターンしかないですしね。
タッチ』と『みゆき』を見ればほとんどの原型は見れますね。

基本的にほとんどラブコメ作品。
タッチ』の達也の顔した人物が主人公。
ヒロインは『タッチ』の南ちゃんと『みゆき』のみゆき(妹)の顔のどこかにマッチすればその子がヒロイン。
(どちらかというとみゆきより)

で、この二人が最後にくっつきます。
ここはあだち充さんの王道です。
変わりません。

そこにいたるまでの紆余曲折をほんわか書くのがうまいんですよね。
だから読んでしまうんです。
けっこう事故でキーパーソンが死んだり、大怪我したりするのが多いです。
しかし、それをうまくまとめて、暗くなりすぎないようにするのがうまいですよね。

今作品も主人公のコウとヒロインの青葉が最後にくっつくのはわかりきってますが、読んでしまってますしね。


後、やっぱり野球漫画が好きみたいですね。
タッチ
H2
スローステップ
陽あたり良好!
ナイン
ああ青春の甲子園』(これは絵ですけどね)
といろいろありますから。
最近は野球以外がいまひとつ盛り上がりきらないと判断されたのか野球が続いてますしね。

さて、今度のゲッサンの新連載は何をやるんでしょうね。
さすがに野球ではないような気がしますが。
楽しみです。

テーマ:サンデー全般 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/03/15(日) 01:40:49|
  2. 競>スポーツ/演劇/勝負事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

『フープメン』『黒子のバスケ』新連載バスケ漫画はどう?

週刊少年ジャンプで珍しい事態が起きてますね。
バスケ漫画が2つも連載中。
その2つは

 『黒子のバスケ

 『フープメン

野球やサッカーならあったけど、バスケでかぶらせるとは。
集英社もネタがなかったのか???不思議です。

両方ともちょっと切り口が違いますね。

まずは先にはじまった『黒子のバスケ』。
この漫画は主人公の設定が珍しいですね。
特技は目立たないことですから。

目立たないことが何に使える?と思いますが、スポーツで完全に気配を消されるとつらいですよね。
マークしようとしてもどこにいるかわからないんですから。
すごい技術とかがあると目立ってしまうのですが、この人は周りの人を使う天才アシストプレーヤー。
だから自分は目立たないほうがいいっていう設定です。

ストーリーは中学時代、「黄金の世代」と呼ばれる天才5人がいるチームで「幻のシックスマン」と異名をとるスーパーサブとして活躍。
(でも、名前は知られてなかったりする・・・目立たないので・・・)

で、高校ではその5人を倒すために別の学校に行きます。
そこで、アメリカ帰りの荒削りの天才くん(名前忘れた)と出会い、5人と戦っていくってストーリーです。

おそらくこの後、5人がどんどん強くなっていくんでしょう。
この感じはジャンプヒーローものパターンの応用ですね。
なので、そこまでバスケ感はリアルじゃないです。


一方で『フープメン』。
こっちは主人公は完全素人。
スラムダンク風要素を入れますね。
ただし、キャラは普通の人ですけどね。

簡単にストーリーを。
まだ連載2回目なんでたいしてストーリーがあるわけじゃないんですけどね。

スタートは良くありがちなかわいい女の子。
ある日突然呼び出されるところから始まります。
もちろん愛の告白ではなく、バスケの勧誘。
(この辺もスラムダンク要素?)

本人はバスケ経験あるわけでもないのに、なぜ?
と思っていたところ、体育館に行くと理由がわかります。

アメリカから来た留学生がいたんです。
もちろんバスケ劇ウマ。
ただ問題は言葉。
英語しか話せないと。
で、主人公は帰国子女という設定なんで英語がしゃべれると。

つまり通訳として勧誘されたわけなんです。
まぁ、本人もよくある話だったようで、通訳してあげるんですが、なぜかいっしょに練習もするはめに。

そこで一本のパスをもらいます。
「ものすごく気持ちのいいパス」を。
これが彼を変えます。
バスケの気持ちよさを知ってしまったんです。
通訳だけでなく、自分もやってみることになります。

で、2話目の今週はもう一人のキーパーソンが出てきましたね。
主人公を勧誘したヒロインの彼氏。
実は彼氏いたんだってことらしいです。
(流川くん的位置っぽいです)

という感じなんですが、主人公の特徴がまだ「英語が話せる」しか出てないんです。
だから、ここから主人公がどう成長するか楽しみですね。

この2作品が週刊少年ジャンプで連載されたのですが、私としては「フープマン」のほうが好きですね。(たぶん)
まだどっちも始まって間もないのでなんとも言えませんけど。







どっちにしろ、連載中のバスケ漫画では「あひるの空」がトップですね。
絵のきれいさだと『Dear boys』だし。
講談社強い!

これらが講談社軍団を超えれるか・・・まだなんとも言えないですねぇ~。

テーマ:新連載はどう? - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/03/09(月) 22:48:20|
  2. 競>スポーツ/演劇/勝負事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『あしたのジョー』ジョーは生きていた!説の勝利?





今回は名作

 『あしたのジョー
  (※絵は講談社漫画文庫の最終巻です)

についてのネタ。

私は「ジョーは最後は燃え尽きて死んだ」と思ってました。
ホセ戦は「試合に負けたが、勝負に勝った。でも、その代償として命を払った」って印象です。
この件に関して、作者のちばさん、ラジオ番組で以下のようなやり取りがあったそうですね。

※以下は「毎日.jp」の「まんたんウェブ」の記事抜粋

-----
ジョーが真っ白になって力尽きたラストシーンについて、ちばさんは

 「ラストシーンは20~25通りあったんだけど、
  いいラストシーンが思い浮かばなくて。
  自分もぐったりと疲れ果てて、
  もしかしたらジョーは死んだのかなと思いながら描いていた」

といい、その後、自身が元気になってラストシーンを読み直した際に

 「ジョーは死んでいないのかな」

と思い始めたという。
そして「ジョーは生きているか?」と鑑定する番組があって、

 結果として「ジョーは生きている」と判定されてうれしくなった

というエピソードを明かしていた。
-----

らしいです。

つまり、ジョーは生きていたということですかね。
とはいうものの、続編は不要かな。

この終わり方が良かったんだから。
  1. 2008/11/26(水) 18:22:57|
  2. 競>スポーツ/演劇/勝負事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
AKI'sRoom

マンガ部屋メニュー

AKI'sRoomへのリンク

プロフィール

Akiboo

Author:Akiboo
マンガ好き。
投資(株、FXなど)と温泉(特に露天)も好き。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

amazon サーチ

amazonで検索して購入できます。

----------
AKI'sRoomは投資や温泉や漫画のHPです。
http://homepage3.nifty.com/led999a/
好きなこと書いてま~す。
●ブログ部屋・・・漫画以外の日々ネタ、HPの更新情報です。
●投資部屋・・・セミリタイアを目指しサラリーマン投資法です。
●温泉部屋・・・私が行った温泉など温泉ネタです。
----------
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。