FC2ブログ

AKI'sRoom マンガ部屋

AKI'sRoomのマンガネタです。
読んだマンガについて勝手に言いたいことを書いてます。
他にも、こんなページも創ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『まんがの作り方』流行ってる?漫画業界マンガ





バクマン。』『リーダム』と漫画業界ウラ話的なのが来てました。
漫画業界つながりで読んでみたのが、

 『まんがの作り方

です。
たまたま行った本屋で単行本が立ち読みできたので読んでしまいました。
平野アウリさんの作品ですが、、、すみません、よく知りません。

まぁ、とりあえずかるーくストーリー紹介。
(ちょっとネタバレありますが、そんなに問題ない程度だと思います)

-----
主人公は川口家のおねぇちゃん。
(そういえば名前が出てきた記憶がない・・・)

19歳にして、再度漫画家への道を歩き始めます。
再度ってのが、13歳のときにデビューしてます。
そのときは話題になったんですが、その後は泣かず飛ばずで。
引退してました。

なのですが、ある日、何が原因かはわかりませんが、復帰宣言します。
(後で出てくるのかもしれませんが)

ただ、漫画を描くネタがない・・・。

と思っていたところへバイトの後輩の森下ちゃんがやってきます。
おねえちゃんが突然バイトやめたのでびっくりしてやってきました。
実はおねえちゃんに惚れてるんです。
そのことはおねえちゃんも感づいています。

そこで、おねえちゃんはネタのため森下ちゃんと付き合うことにしちゃいます。

その横にいたのは弟の政人くん。
森下ちゃんに惚れてます。
なのに、目の前で姉に奪われてしまいます。
しかも、理由はマンガを描くネタのため。
(このことは知りませんけどね)

なんてことで始まった女同士の恋人関係。
この二人の日常で物語りは進んでいきます。

ある日のデート中のこと。
本屋で漫画家「さち」の話になります。
おねえちゃんはけっこう気に入っているようでしたが、森下ちゃんは批判的。
で、おねえちゃん怒っちゃいます。

なぜいつも従順な森下ちゃんが批判的だったのか?
実はさちとは森下ちゃん本人だったりします。
いまひとつ自分の作品を好きになっていないのもあって批判的だったと。

おねえちゃんは後で、政人くんに教えてもらうのですが、、、。
で、仲直りします。

そうこうしながらも、おねえちゃんも少しは苦しみますが、漫画家復帰を果たします。

ってことで漫画家同士で女同士の奇妙な恋人関係が続いていくと。
-----

エッチなシーンがあるわけでもない。
弟が混ざってどろどろになるわけでもない。
ただただ淡々と進んでいきます。

ですが、なんとなく1巻全部読んじゃいました。

レズ系のいやらしいのを期待するのは完全に間違いです。
私ももともと期待したわけでもなく、読めたから読んだだけなんですけどね。
バクマンの隣に置いてあったんで。

タイトルからマンガの雑学でもあるかなぁ~と思ったんですが、それほどないです。

続きが読めるなら読んでみるかなぁ~というところですね。
スポンサーサイト

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/05/28(木) 22:33:02|
  2. 愛>青春/家族/性
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『セルフ』一人エッチを科学する(?)漫画





連載当初から(私の)期待の高かった

 『セルフ

ですが、話が展開し始めました。
(ビッグコミックスピリッツ連載中。作家は朔ユキ蔵さん。)
前作『ハクバノ王子サマ』的な展開が出てきましたね。

この辺は同じ「性」をテーマにした漫画でも『ふたりエッチ』とはぜんぜんアプローチが違います。


単行本も出たことだし、まず軽く今までのストーリー紹介。

※ネタばれありなので注意!
 あと、私のあいまいな記憶で書いてるので細部で間違いがあるかも。
 そのときはすみません。コミック買って確かめてください。

-----
主人公はけっこうモテる男 国木田陽一くん。
彼は小さい頃にオナニーする前に近所のお姉さんにエッチをしこまれてしまったある意味うらやましいやつです。
そして現在は可愛い彼女もいながら、図書館でバイト(仕事?)してます。

そんなある日、図書館でご年配の方が難しい本を返してきた。
それはマスターベーションに関する学術書。
これをきっかけに「ひとりエッチ」に興味を持ち始めます。

彼にとって、エッチとは「女性を喜ばせるもの」でしかなく、自分でするっていうことがどういうことかわからなかったんです。

そこからは研究開始です。
ネットで検索して実験をはじめます。

自分でしてみる。(しかし妹に見られる・・・)
登り棒のこすれる感触をためす。
流れるプールの排水溝のところで・・・これは試せず。

そしてとうとう究極とも思われる挑戦に。(あくまで主人公の中でですが、、、)

 海に向かってする!

(・・・微妙ですが、ちょっと興味はあるかも)
それを試しに海に向かったところ、きれいな少女に出会います。
彼女もちょっと(いや、かなり)変わってます。
彼の偉大なる実験場所は彼女の「秘密の場所」でもあったりしたんで、、、。

で、主人公はその少女が気になり、探してみると、変な女医さんと知り合うことに。
そして彼女は言います。

 「あなたのオナニーは間違っている
  正しいやり方を教えてあげる」

はっきり言って怪しすぎます。
ですが、主人公は止まりません。
その申し出を受けて試してみることにします。

一方で女性関係。
図書館の同僚の泉さんは国木田くんに興味(好意)があるようです。
国木田くんを映画に誘って行ったりしてます。
ただ○○ちゃんはいたって冷静。
国木田くんの彼女と会っても表面上は冷静だったり。

国木田くんもちょっと興味があるようです。
「実験」の材料は泉さんだったりするので、、、。

そしてもう一人。彼女の有加ちゃん。
国木田くんが「実験」に夢中になって、あまりかまってくれなくなりました。
図書館に同僚の女の子 泉さんがいることも気になります。

もちろん疑うのは浮気。
「実験」のためにお泊りしてくれない国木田くんにわがまま言ってお泊りさせます。


そんな二人に挟まれながらも、「実験」をしたい国木田くん。
女医先生の言うことには、

 「決まった時間に、エッチなことを考えずにしなさい」

という指導が。
なのに、彼女からはお泊り命令(わがまま)。
そこで下した決断は

 お泊りする。けど、彼女が隣で寝た後に「実験」する

でした。
で、実行です。
彼女を満足させた後、もぞもぞしてます。
しかーーーし、彼女は寝てなかったんですねぇ~。
はっきり言って最悪ですねぇ~。
-----

というところで第11号終了、、、続きが気になる。
(朔ユキ蔵さんに遊ばれてる感じする。)

この女医さんの正しいやり方ってのも書いてます。
ここでは書きませんが、ふーーーんという点もあります。

まだまだ楽しみなこの漫画。
ちょっと中高生に戻ってお馬鹿な気分で見るのがお勧めです。
当面は目が離せません。

(でも、もし人気がでてもドラマ化しにくいだろうなぁ~)

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/02/15(日) 15:06:08|
  2. 愛>青春/家族/性
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『ショコラ』元ヤクザ屋さんのケーキ屋さんでの甘くて優しいお話





例によって、BookOff立ち読みによる昔のマンガ回帰日記です。
今回は

 『ショコラ

です。
作者は窪之内英策さん。
窪之内さんというと、私としては『ツルモク独身寮』の方が有名な気がします。
(『ツルモク独身寮』の感想は2008/06/03の日記で書いてます。)

で、ショコラはというと、『ツルモク独身寮』とテイストはいっしょ。
前回は新入社員の青春恋愛モノだったのに対して、今回は家族愛が題材です。

ではまず、簡単なストーリー紹介。
(ネタバレ注意です)

-----
主人公は辰巳千夜子ちゃん。
彼女は社長令嬢。
経済的には何不自由なく育ってきました。

しかし、お母さんはいませんでした。
お母さん(摩耶さん)は千夜子ちゃんが3歳の時に小麦組・組長松吉と駆け落ちしていたんです。

ある日、千夜子ちゃんのお父さんの会社が倒産してしまいます。
そして、一人家に残された千夜子ちゃん。
父と誕生日を祝おうと買ってきたケーキを呆然と眺めている。
そんなシーンから話は始まります。

一方で、駆け落ちした摩耶さんは千夜子ちゃんのお父さんの会社の倒産の半年前に交通事故で亡くなっていました。
そして、その相手の松吉は、摩耶さんの死をきっかけに組を解散して、「摩耶」という名のケーキショップを開店していました。

そして数日後、千夜子ちゃんは松吉の店「摩耶」にやってきます。
千夜子ちゃんは摩耶さんとそっくり。
なので、松吉とケーキ屋で働いている元組員は唖然とします。

そんな彼らに向かって、千夜子ちゃんは

 「今日からここで暮らしてあげる」

と宣言します。
こうして何の血のつながりも無い人たちの共同生活が始まります。

で、このお話のもう一人の重要人物が元小麦組の若頭 市吾です。
小麦組時代は超武闘派。
誰もが一目奥存在でした。

もともとは松吉の任侠道にほれ込んで、この世界に入ってきた人です。
なので、組を解散した後も松吉についてきて、ケーキ屋で働いていました。
同様の人があと数名。

そして、千夜子ちゃんが来て彼らの暮らしもつながりも少しずつ変わってきます。
もちろんまずいケーキの味も、、、。
まずくて苦かった味が少しずつ甘くなってくるんです。
最後は甘甘ですから。
-----

と、今回はほんとのさわりだけで、ネタバレもほとんどなしです。
なぜなら、スタートしてエンディングはほとんど読めるから、、、。
ハッピーエンドが好きなんで良いんですけどね。

個人的にはやはり『ツルモク独身寮』の方がいいですね。
キャラの強さが際立ってますから。
それに比べるとこっちはちょっと弱いですね。

題材はケーキ屋さんとはいえ、もとはヤクザ屋さんですから、シリアスシーンはありますが、それはこの人の作品ですから、そんなに重くなく仕上がってます。
なので、

 「家族は血のつながりだけじゃないっ!」

ってのを読みたい人向けですねぇ~。
よくある話ではありますが、、、。
(『オムライス』なんかもそうだったねぇ~。2008/05/05の日記参照

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/12/11(木) 20:14:36|
  2. 愛>青春/家族/性
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『部屋においでよ』ほろ苦い思い出に浸れる作品





今回はちょっとほろ苦い青春物。

 『部屋においでよ

です。
原秀則さんの作品です。
原さんの作品はけっこう読んでます。
さよなら三角』に始まり、『ジャストミート』などの少年系から、『冬物語』から始まる青年系まで。
連載モノはほとんど読んでますね。
あだち充さん、高橋留美子さんが有名な中、それほど名前は売れてないかもしれないけど、私の中では小学館系の大御所って感じですね。

では、いつもどおりにストーリー概要から。
ここから以降ネタバレあるので気をつけて。
ちなみに雑学はほとんどないです。

-----
主人公は大学生のミキオくんとピアニストの文さん。
ある日、朝を起きると文さんの隣にはミキオくんが。
昨夜、パブで楽しんだ後、そのまま二人で文さんのお部屋にお泊りしてました。

なんとなくお互いを気に入った二人はなんとなく二人で暮らすことに。
たまにケンカしたり、まったりしたり、気がつくと二人でいるのが普通になっていきます。

そんな中、ミキオくんは昔からやり続けてきたカメラに行き詰ります。
文さんとまったり生活をしている間、思うような写真が撮れなかったんです。
特に気にせず幸せ気分だったミキオくんでしたが、写真部の先輩に「何をしていた!」と言われ、ショックを受けます。
それ以上に、後輩の女の子のミキちゃんの素直な写真に技術に走っていた自分の写真の面白くなさに気づき、さらなるショックを受けます。

一方、文さん。
ピアノの講師をやる傍らラウンジでの弾き語りをやってます。
そんなある日、音楽プロデューサーに目をかけられ、CDデビューすることになります。
今までの苦労が報われて、喜ぶ文さん。
しかし、ミキオくんはそんな文さんを見て、素直に喜べません。

という状況の中、無事CDデビュー。
コンサートなども入ってきます。
そのとき、文さんはミキオくんといっしょにいる時間が減ってきていることに気づきます。
いつしかミキオくんの存在はとても大きくなっていたんです。
それで悩む文さん。

そして、元恋人の今泉さんも登場し。

二人のまったり幸せ期間は変化していくことになります。
-----

という感じで、終盤に向かっていくんですが、ラストは原さんらしくない終わり方だったりします。

もともと、この作品を取り上げた理由は、

 「BookOffで100円で全巻揃ってたから、、、」

なんていう理由もありますが、本当は

 「数少ないちょっとほろ苦い結末」

で終わる作品だからなんです。
(好きだったマンガは『冬物語』なんですけどね。)

原さんの作品はほとんどラストはハッピーエンド。
(だから好きなんですけどね。
 ただ、そのため最初で結末がわかる、、、これはちょっと問題ですが、、、)

そんな中、唯一と言っていいくらいです。
この漫画。
最後はミキオと文は別々の道を歩んでいくことになりますから。

先に文さんがピアニストとしての才能を開花させます。
次にミキオくんが壁を突き抜けて才能を開花させます。
そして、すれ違いが増える二人は・・・

って感じでちょっと悲しいところです。
でも、この流れだとそうでないと不自然だったりもするし。

なので、すごく印象に残っているマンガだったりするんです。
いつのまにかけっこう歳とってしまったんですが、ほろ苦さを感じるにはちょうどいい歳になったって感じもします。

一度読んでみてはいかがでしょうか?

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/09/08(月) 19:39:17|
  2. 愛>青春/家族/性
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『さくらんぼシンドローム クピドの悪戯2』ドロドロしながらも考えさせられる一品





そういえばヤングサンデーが休刊になったんでしたね。
なんか読み残してる気がして、、、。
ヤンサンの中でけっこう佳境に入ってて、気になっているのが、

 『さくらんぼシンドローム クピドの悪戯2

ですね。
北崎拓さんの作品です。
前作の『クピドの悪戯―虹玉』と同じく「奇病」(フィクションだけど)を絡めた恋愛モノ。
「クピドの悪戯」てのでシリーズになるんでしょうね。

虹玉は男の方の奇病でしたが、今回はヒロインが奇病にかかってます。
それは、「進行性減齢症候群」(Progressive Rejuvenation Syndrome)という病気。
これは徐々に若返ってしまうという難病で、根本的な治療法はまだないです。
といっても、フィクションですが。

以下、ストーリーです。
ネタバレいろいろあるので、お気をつけて。

-----
女性用化粧品会社で働く主人公 阿川さん。
ある日、不思議な女の子 レナと出会います。
レナは突然キスして欲しいと言い出すが、阿川さんは無視します。
(突然キスしてって言われてもね)

実は、レナは中学生くらいの外見ですが、大学生。
進行性減齢症候群という徐々に若返ってしまう難病に冒されていたんです。
最初は中学生くらいでしたが、その後小学生くらいに若返ります。

病気の進行を遅らせる唯一の方法が、アンチ・カウンター・スパイラル酵素を持っている人から酵素を摂取してもらうことでした。
その酵素保有者が阿川さんであり、その摂取方法がキスだったんです。

そんなこんなで、阿川さんも理解して、レナとキスすることにします。

一方、会社では化粧品会社ということもあり、女性が強い職場。
その中でも大学OGでもある「できる上司」の麻生さんとある日恋人関係に。
と言っても、ある条件付き。

「付き合うも別れるも自分(麻生さん)次第」

しかし、その後は阿川さんに惹かれていっちゃいます。
どんどん阿川さんを溺愛し、その本性が出てきたりも。
ラブシーンであまりの激しさにベッドを破壊したりもします。
「ガウガウ」と阿川を挑発したりもします。

で、大変なのは阿川さん。
恋人と楽しくやっていたのですが、レナにキスしないといけない。
最初はうまくやっていたのですが、ある日やっぱりばれます。

ひと悶着はあるものの、麻生さんも納得して協力することになり、奇妙な三角関係が始まります。
途中、レナの同級生との恋愛話もあります。
そこで、レナは自分の病気に絶望したりもします。
そのとき阿川さんのやさしさに救われ、正真正銘三角関係に発展します。

仕事面では麻生さんは社内ベンチャー制度で社長に。
阿川さんもいろいろありますが、麻生さんを手伝うことに。
そして、レナも新製品のモデルに抜擢されることになり、仕事でも奇妙な三角関係になります。

で、人気モデルになるレナとその会社の社長 麻生さん。
社員とマネージャーの掛け持ち阿川さん。
仕事、プライベートなど全般にわたる三角関係の中で3人の感情が入り乱れます。

レナは美少女モデルのREICOとしてブレイクします。
そうするともちろんパパラッチが動きます。
そこで、阿川さんとのツーショットを撮られて一騒ぎになります。

その記者会見で大胆発言します。
「生理が来ました。だから男の人を愛する資格ができました。」
といった感じのセリフです。
本当の愛とは的セリフも。
(詳しくは忘れました、、、。
こんなことを実際に言う女の子がいたらびっくりだけど、マンガの中ではなかなか感動的でしたね。)

阿川さんだけでなく、麻生さんも好き。
てな感じで、この三角関係がなんとなくうまくいくことになります。

が、アンチ・カウンター・スパイラル酵素の保持者がもう一人現れます。
そのことでうまくいきかけてた三角関係が壊れだします。
-----


ってところまでが現在までの展開です。


そんなこんなで、主人公の阿川さんとその恋人の麻生さんとレナの3人の関係が今後どうなっていくのか???
みんな大人になっても悩みはつきないですよね。
この作品にはけっこう共感できる悩みとか多いです。
けっこうドロドロした心理描写も多いし。
人間のエゴとか独占欲とか醜い部分もぼかさずしっかり書いているので、読み応えもあります。

といっても、最後はそれなりにハッピーエンドになると思うのですがね。
そろそろ最後に向けて一気に話が進むと思うので、期待ですね。
  1. 2008/08/29(金) 23:18:26|
  2. 愛>青春/家族/性
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
AKI'sRoom

マンガ部屋メニュー

AKI'sRoomへのリンク

プロフィール

Akiboo

Author:Akiboo
マンガ好き。
投資(株、FXなど)と温泉(特に露天)も好き。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

amazon サーチ

amazonで検索して購入できます。

----------
AKI'sRoomは投資や温泉や漫画のHPです。
http://homepage3.nifty.com/led999a/
好きなこと書いてま~す。
●ブログ部屋・・・漫画以外の日々ネタ、HPの更新情報です。
●投資部屋・・・セミリタイアを目指しサラリーマン投資法です。
●温泉部屋・・・私が行った温泉など温泉ネタです。
----------
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。