AKI'sRoom マンガ部屋

AKI'sRoomのマンガネタです。
読んだマンガについて勝手に言いたいことを書いてます。
他にも、こんなページも創ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『のだめカンタービレ』次で最終回かぁ~





音楽系マンガで私の一押しの

 『のだめカンタービレ

が終了するようです。
講談社の「Kiss」で連載されていたのですが、20号(10/10発売)で最終回ということらしいです。
ちょっとさみしいところですね。

ストーリーは今更言うまでもないと思うので省略します。
こっち参照

この前出たのだめカンタービレ22巻の感想も交えて雑感です。

この巻でのだめがデビューして、一気に有名になってしまいましたからね。
のだめが燃え尽き状態入ってます。
しかし、デビューした相手が千秋じゃないし。
その辺のもやもやがのだめにありますね。

一方で、自分の演奏のすごさをじんわり知っていくのもあり。
無計画旅行で、知らない人から声かけられて、実感していくんでしょう。
この辺は前向き要因。

というところを片付けて終わる感じでしょう。
この後はだらだら続けるくらいなら、さくっと終わらせた方がよいと思います。

個人的には野武士 黒木くんとロシアギャル ターニャも気になるところですが。


ほんとは雑誌で読んでしまいたいのですが、さすがに女性誌は手が出しにくく、、、。
また、コミックス待ちです。
スポンサーサイト

テーマ:最終回はどう? - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/09/25(金) 13:44:05|
  2. 美>芸術/美術/音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『とめはねっ』もドラマ化されるらしい。





だいぶ以前、紹介した(こっち参照 http://led999a.blog110.fc2.com/blog-entry-24.html)

 『とめはねっ! 鈴里高校書道部

がNHKでドラマ化されることになったようです。

主演は望月結希:朝倉あきさん(17)と大江縁:池松壮亮さん(18)。
正直、どっちも知りません・・・。
いろいろ出てるらしいです。


河合さんはいつもマイナー路線を攻めている気がします。
最初は柔道マンガ『帯をギュッとね!』。
これはまだメジャースポーツと言える。

次が競艇マンガ『モンキーターン』。
ここで完全にマイナー路線へ。

そして、書道。
今まで見たことが無い・・・。
ギャラリーフェイク』とか『ゼロ』のような美術マンガで題材としてあがる程度。


まぁ、書道という地味な世界を楽しく書いているこのマンガはNHK的にいいのかもしれませんね。


ストーリーはというと今回は超簡単に。
(多少ネタバレあり)

-----
主人公は帰国子女の大江くんの方。
高校に入学するも、副部長に弱みを握られ書道部に入部させられます。
というのも書道部は部員を集めないと部として認められないから。
大江を入れても、4人。あと一人。

そのとき、大江は望月さんという同級生に投げ飛ばされ、怪我をします。
と言っても、軽いものです。
望月さんは柔道部期待のホープ。

しかし、副部長の悪知恵で骨折したこととし、それを理由に望月さんも書道部に引きずり込みます。
そんなわけで掛け持ち1人いながらも5人そろうことになります。

最初は無理やり引きずりこまれた書道ですが、二人とも次第に書道に興味を持つようになります。
そして、大江くんは同時に望月さんにほのかな恋心を寄せていきます。
一方、望月さんはというと大江くんにライバル心を燃やすのですが・・・。

そんなこんなで書道部はパフォーマンスをしたり、合宿したりで、いろいろあります。
-----

と言う感じです。

マンガは大江くんが主人公ですが、ドラマは、ヒロイン・望月さんの視点から描かれるらしいです。
木曜日午後8時から6回放送の予定。
6回ってことはすごく短いですね。

テーマ:今日読んだマンガは? - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/06/10(水) 16:32:57|
  2. 美>芸術/美術/音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『BECK』実写化。でも、主役は竜介?





【まとめ買い】
↓↓↓↓↓
コミックセット




うーん、ちょっと微妙なニュースが出てきました。

 「BECK、水嶋ヒロ主演で映画化」

水嶋ヒロがコユキ?
無しではないけど、ちょっとかっこよすぎる気がする・・・。

と思っていたら、実は竜介役でした。
映画は竜介を主役に描かれるらしいです。

そして、5人ともイケメン。
いわゆるイケメンバンドでいくらしいです。
配役は

 南竜介 :水嶋ヒロ(25)
 田中幸雄:佐藤健(20)
 千葉恒美:桐谷健太(29)
 桜井裕志:中村蒼(18)
 平義行 :向井理(27)

です。
いちおう、年齢構成は年長組と年少組になっていますね。
ただ全員年取りすぎですけどね。

そして、製作側は

 「青春映画、バンド映画の決定版を目指しており、
  竜介のもとに天才メンバーが集い成長していくストーリーになる」

と発表してるらしいです。
なんかちょっとイメージが違うなぁ~。

最初は確かに竜介だけど、一度壊れて、BECKはコユキのもとに集まる感じだったし。


で、このマンガにかかせない音も、映画ですからもちろんあります。
オリジナルの30曲を制作中らしいです。

製作側は

 「音楽は日本映画の中でも一番のレベルを目指す」

とこだわり発言。

でも、

 本当にBECKの歌を表現することが可能なのか?

あのマンガの音は実際に音にされてしょぼいと非常に悲しい。
音のすごさは音が無かったから表現できたのであって、実際に音があったら本当に世界に通用する音でないと・・・。
とか思ってしまう。

個人的には同じバンドを題材にしていても「NANA」とはそこが違うと思う。
NANAは人間関係が重要なので。
歌がうまいとされていたのは、レイナだけだし。
レイナの歌シーンはそれほど多くないし。

しかし、BECKは違う。
音で人の心を変えてしまうほどのモノと表現されている。
なので、実際に今度のオリジナルソングで頭のてっぺんからつま先まで衝撃が走るような歌でないといけない。
よくあるヒットソングではダメなんじゃないかと思います。

少なくとも今から練習して竜介のギターを表現するって・・・。
エアギターにして、後ろで別の人にやってもらったほうが良いと思う。

でも、一番問題はコユキの声だけどね。
世界が認めるコユキの声をどう表現する気なのか???
これもあって主役変更したのかも・・・。

まぁ、見るにしても完全に別のお話だと思って見ることにします。
だって、BECKはイケメンバンドじゃないしね。
イケメンは竜介と平くらいなはず。
  1. 2009/06/02(火) 18:35:54|
  2. 美>芸術/美術/音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『BECK』音楽マンガのお気に入り!次回、とうとう最終回!!





私の中で『のだめカンタービレ』と並ぶ、かなりお気に入りの音楽マンガの1つ

 『BECK

が来月最終回っぽいです、、、。
メジャーになってしまったので、「もう終わるなぁ~」と思っていたので、覚悟はしてましたが、いざ、終わるのが確定となると寂しいですね。
(終わらなかったら、「ずるずる続けやがって!」と怒るんですけどね・・・)


作家さんはハロルド作石さん。
月刊少年マガジンで連載中。(もうすぐ終わるけど)
アニメ化もされたので、1回見ましたが、絵が汚すぎて私としては不評でした。

ハロルド作石さんの代表作としては『ゴリラーマン』、『ストッパー毒島』ですね。
でも、私としたことが『ゴリラーマン』は読んでないんですよね。
(また、いつか読みますけどね)

音楽を題材にしたマンガって『NANA』とかもあって、最近では珍しくなくなってきたかもしれませんが、個人的に好きなのは『BECK』と『のだめ』の2強。
その一角の終了は寂しいところです。

で、例によってストーリー。
ただしかなり飛び飛びです。
最初の頃の話を忘れているので、、、すみません。
ちゃんとしたのはマンガ読んでください。
(ネタバレもあるのでお気をつけて)

--------------------
主人公はごく平凡な中学生・田中幸雄(通称:コユキ)。
ある日、謎の人物・南竜介と変な犬・ベックと出会います。
このときは謎の人程度の出会いです。

中学ではコユキはコユキのあだ名の名付け親で1歳年上の泉ちゃんと再会します。
もちろん泉ちゃんはコユキにとっては気になる存在。
その泉ちゃんはアメリカのロックバンド・The Dying Breed(通称・ダイブリ)の熱烈なファンで、コユキにダイブリの存在を紹介します。
そしてコユキはダイブリの曲を聴き、音楽の世界に入り込んでいくことなります。

中学校ではいじめられていたコユキですが、同じダイブリ好きの桜井裕志(サク)という親友を得ます。

一方、竜介はシリアル・ママというバンドを解散したばかり。
その後、最強のバンドを作るということで新たなメンバーを集めてました。
千葉、平、東郷を加え、BECKという名のバンドを結成します。
この頃にはコユキはまだバンドメンバーではなく、竜介のお友達状態。

しかし、東郷がバンド離脱後、親友のサク(ドラム)といっしょにサポートメンバーとして参加することになります。
その後、竜介の妹・真帆にボーカルとしての才能を見出され、BECKのボーカルとして正式メンバーに昇格します。
(ちなみにその間、真帆とのラブコメ状態やら作曲活動やらもありますね)
コユキの歌唱力と作曲力はダイブリのメンバーのマットやエディにも認められるほどで、日本ライブの際にはいっしょにステージにあがることになったりもします。

しかし、BECKはぜんぜん順調にはいきません。
日本の人気音楽プロデューサーには嫌われ邪魔されます。
アメリカのマフィアにも狙われます。
内部で喧嘩してバンド解散状態になったりもします。
障壁ありまくりです。

そんなこんなでいろいろありますが、少しずつチャンスをものにして進んでいきます。
そして数々の伝説を作り上げていくという感じです。
--------------------

と、ここまで書いてきましたが、あまり臨場感がなく、、、。
そんなに面白くなさそうですね。
(自分の表現力の無さを痛感します、、、)

上で書いた以外にも斉藤さん、オバちゃん、川久保さんなど憎めない個性的なキャラも出てきて、BECKを助けるんですが、細かい部分は覚えてないので書けなかったりします。
いつか文庫本版が出たら買っても良いんですが、今は買わないですね。
雑学はあまりないんで、、、。
(でも、好きなんでいつか買うかも)

また、序盤はそんなに音楽してませんし、、、。
コユキは斎藤さんに水泳習ってたりするし。
そんなに期待しないで読み始めてください。

このマンガは実力あるメンバーが揃ってるのに、自分たちの信念(のようなもの)を貫くことでぜんぜん芽を出せないでいる不器用さがとてもいいです。
シリアス一辺倒でもなく、ちゃんと笑わせてくれますし。

こういうところが私のとっての面白いマンガの条件なんですかねぇ~。
  1. 2008/05/12(月) 09:32:48|
  2. 美>芸術/美術/音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

『のだめカンタービレ』今年の正月はのだめ漬け?のだめ駅伝??


ヨーロッパ編は
この巻から


マンガでなく、ドラマの話なんですけど、、、。
正月はずーーーーーと「のだめ」やってるみたいですね。

1/2 ドラマの再放送 1~6話
1/3 ドラマの再放送 7~最終11話
1/4 新春スペシャル IN ヨーロッパ(約2時間半)
1/5 新春スペシャル IN ヨーロッパ(約2時間半)

キャストは変わらず、上野樹里と玉木宏。
そこにターニャ役(ロシアのねぇちゃん)でベッキーとフランク役(フランスのアニオタ)でウエンツ瑛士で参加。
ミルヒー役を竹中直人がやって、「日本人が欧米人をやるには無理がある」となったのか、今度は見た目は欧米系の二人を起用です。
(冗談で言われていたことが現実化しましたね)

マンガ原作のドラマにしては珍しく、かなり原作のマンガに忠実な内容だったので、今回のスペシャル版も原作にそった内容ではないかと。
問題はどこまでやるかですね。
千秋の指揮者コンクールまでは絶対行くとして、マルレオケ就任やのだめリサイタルまで行く感じでしょうかね。
黒木くんとターニャのからみもだしたいでしょうし。
RUI役に関して話題が少ないので、RUIが留学してくるところまではやらないでしょうから、今連載している部分まではいけないでしょうね。

てなわけで、正月は「のだめ漬け」っぽい私です。

テーマ:のだめカンタービレ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/12/05(水) 02:17:05|
  2. 美>芸術/美術/音楽
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
次のページ
AKI'sRoom

マンガ部屋メニュー

AKI'sRoomへのリンク

プロフィール

Akiboo

Author:Akiboo
マンガ好き。
投資(株、FXなど)と温泉(特に露天)も好き。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

amazon サーチ

amazonで検索して購入できます。

----------
AKI'sRoomは投資や温泉や漫画のHPです。
http://homepage3.nifty.com/led999a/
好きなこと書いてま~す。
●ブログ部屋・・・漫画以外の日々ネタ、HPの更新情報です。
●投資部屋・・・セミリタイアを目指しサラリーマン投資法です。
●温泉部屋・・・私が行った温泉など温泉ネタです。
----------
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。